オランダ アムステルダムのダイヤモンド博物館 (Diamant Museum) へ行ってきました。 チケットや入場料、所要時間など。アムステルダムはダイヤモンドの街でもあります。

見どころ

英語:Diamond Museum
オランダ語:Diamant Museum

オランダ アムステルダムはダイヤモンドの街としても知られています。ダイヤモンド博物館は、アムステルダム国立美術館やゴッホ美術館などあるミュージアム広場からすぐ近くなのに、意外と空いている穴場の観光スポットです。ダイヤモンドミュージアムは2007年に新しくできた博物館で、 アムステルダムが「ダイヤモンドの街」と呼ばれる歴史や、ダイヤモンド作品の展示がある博物館です。

ダイヤモンドの採掘、起源の映像

ダイヤモンド博物館は、ダイヤモンドの起源、採掘、魅力などが詰まった映像からスタートです。映像は英語とオランダ語が選択できました。ダイヤモンドが採掘される様子や、加工の様子、4Cと呼ばれる

  • Carat(カラット)
  • Cut(カット)
  • Color(カラー)
  • Clarity(クラリティ)

4つのダイヤモンド評価基準について、それから、17世紀にダイヤモンドの加工と下取りの世界的中心地となったアムステルダムの様子も映像で見れます。

ダイヤモンドの街 アムステルダム

アムステルダムとダイヤモンドの歴史展示もありました。年表は1500から始まります。

今もアムステルダムにはダイヤモンド工房があり、見学もできるようです。

王家とダイヤモンド

オランダ王家とダイヤモンドの展示です。また世界の王家、王族の展示もありました。

日本の雅子様の姿も。

ダイヤモンドの展示

実際に輝くダイヤモンドの展示もありました。骸骨とダイヤ!17,000個以上のブリリアントカットダイヤモンドを使用された作品です。

世界中の王冠に関する常設コレクション展示などもあります。ダイヤモンドついて学び、王冠を見たり宝石をみれたり、なかなか面白い場所でした。

ダイヤモンドショップ

ミュージアムが終わると、ダイヤモンドのお店に繋がっています。親切な店員さんが、ダイヤモンドを見せてくれました。

カットによる価格の違いなど、興味深い説明もしてくれました。本物のダイヤモンドなので、価格もそれなりですが、輝きがとても美しいアクセサリーが販売されています。

お店には、ダイヤモンド以外にもオランダお土産に良さそうな商品が沢山ありました。チューリップの雑貨やロイヤルデルフトの陶器など、オランダらしいお土産が色々とあります。ゆっくりお土産のお買い物が出来るのも良いですね。

ダイヤモンド工房見学

ダイヤモンド博物館の出入り口近くにCOSTER DIAMONDのInroduction Cardが置いてありました。

ダイヤモンドミュージアムが8番なのですが、2番の場所、Royal Coster Daimondsで実際にダイヤモンドを加工している様子が見れるそう。

コスタリカダイヤモンド、こちらが8番の建物です。この時は工房に行かなかったのですが、興味や時間がある人はおすすめです。

ちなみにCoster Daimondsのお庭には、ダイヤモンドモチーフのミッフィー像の姿が。もはやミッフィーの顔……ではないような気もするアートなミッフィー像です。

宝石が好きな人には、おすすめしたい博物館。ダイヤモンドミュージアムへ行ったら、お土産にアムステルダムのダイヤモンドを買いたくなってしまうかもしれません。展示や見学など色々な楽しみ方ができました。アムステルダム国立美術館やゴッホ美術館から近いのに、空いているというのも嬉しい点です。

営業時間

9:00-17:00

料金

  • 大人 18歳~64歳 10ユーロ
  • シニア 65歳以上 7ユーロ
  • 子供 13歳~17歳 7ユーロ
  • 子供 12歳以下 無料

※2021年確認時
I Amsterdam City Card / Museum Card / Amsterdam Pass / City Passなど利用可能。

日本語でチケット購入

公式ホームページから購入できるほか、日本語でチケット購入ができるサービスがありおすすめです。

住所・場所

住所: Paulus Potterstraat 8, 1071 CZ Amsterdam



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1077 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!