【オランダ】数字の区切り方と小数点 カンマのルール

オランダの数字の区切り方、小数点の記載がカンマ・コンマのルールは日本と異なります。小数点と間違えて混乱してしまいそうなオランダの数字の区切り方について掲載しています。

4桁以上の数字に要注意!区切りはピリオド

1000(千)など4桁以上の数字に区切りを入れる時、日本とオランダでは表記が異なります。日本ではカンマ(,)を入れて区切りますが、オランダではピリオド(.)が区切りの記号になります。

  • 日本:1,000
  • オランダ:1.000

日本の表記になれているとピリオドは小数点に見えてしまいますね。オランダで1.000と表記を見かけたら日本の1,000の事です。

  • 1.000
  • 10.000
  • 100.000

等のように区切る位置は日本と同じですが、ピリオドを利用します。

小数点にはカンマを利用

ではオランダの小数点はどう記載するのかというと、カンマ・コンマ(,)を使います。

  • 日本:0.1
  • オランダの0,1

という記載です。

  • 0,1
  • 0,12
  • 0,123

など日本で小数点と呼ばれるものがカンマ(,)になるような記載方法です。

オランダの数字表記は日本人にはややこしいかも

という訳で、オランダではピリオドとカンマの使い方が日本とは異なります。十二万三千四百五十六点七八九という数をアラビア数字で記載しようとする場合

  • 日本:123,456.789,
  • オランダ: 123.456,789

となるわけです。オランダ以外にも区切りの記号にピリオドを使い、小数点にカンマを使う国はドイツやイタリア、スペインなどヨーロッパの国で同じルールの国は多くあります。 慣れないとややこしく感じるオランダの数字表記のルールの紹介でした。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 946 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!