クリスマスにケンタッキーは日本だけ?海外もパーティーバーレル!

クリスマスといえばケンタッキー(KFC)ですが、この習慣は日本だけ?なぜ日本だけがクリスマスケンタッキーを食べるの?海外の反応や海外にもクリスマスのパーティーバーレルがある!? などまとめて掲載しています。

クリスマスにケンタッキーは日本だけ

クリスマスといえばケンタッキー のクリスマスバーレルというほど、日本のクリスマスの定番料理のケンタッキーフライドチキン(KFC)、そんな文化が日本にはあります。伝統と言った感じで、クリスマス料理は迷わずケンタッキーを選ぶ人も日本では珍しくないでしょう。クリスマスはケンタッキーの予約が殺到する日で、長蛇の列も珍しくありません。毎年クリスマスのCMでもおなじみですね。

海外ではクリスマスにケンタッキーを食べる習慣はありません。クリスマスのKFCはガラガラです。お客さんはクリスマスに家族で集まらず、ジャンクフードで食事をすます人や、現地在住の日本人位でしょうか。事前予約も要らずパーティーバーレルを買う事も出来ます。

なぜ日本でクリスマスにケンタッキー・フライド・チキンを食べるのか

海外では食べないのに、なぜ日本でクリスマスにケンタッキーを食べるのかというと、ひとえにマーケティングの効果です。クリスマスにケンタッキーフライドチキンを売ろうと「クーリスマスが今年もやーってくるー♪」とCMソングを作り、CMを流し、カーネルサンダースにサンタクロースの服を着せ「クリスマスにケンタッキーを食べる」という習慣を日本に根付かせました。日本で初めてのクリスマスキャンペーンが行われたのは、1974年12月の事だとか。 クリスチャンが少なく、無宗教者が多い日本では、家族でクリスマスを祝う習慣すらあまり普及していなかったころです。

丁度、 日本の高度経済成長期です。海外の文化を取り入れる習慣が出来ていた時期ですから「クリスマスに海外の食事を食べる」という文化がつくりやすかったのでしょう。マーケットを作るというのはこのことで、今では当たり前の「クリスマスにケンタッキー」という習慣を作り出したのです。

海外の反応は……

クリスマスにケンタッキーでフライド・チキンを食べる、家族で大切なイベントの日の料理にケンタッキー・フライド・チキン、というと海外では驚かれます。日本文化を知っている外国人からは「日本ではクリスマスにケンタッキーを食べるんだって?」冷笑というか苦笑されました。

オランダにもケンタッキーはありますが「ファストフード店」「ジャンクフード」という存在です。バーガーキングやマクドナルドのように、普段、適当に安価な値段で食事ができるお店です。ですので、大切なイベントの日に家族が集まってケンタッキーを食べるなんて、信じられないといった反応をされます。

海外ではクリスマス料理には七面鳥を焼いたりします。チキンなこともありますが、丸鶏を見かけます。キリスト教徒が多い国ではクリスマスといえば、町のレストランですら閉まり、家族で休暇を過ごす神聖な日でもあります。そんな日にジャンクフードなんて!と言った印象なのでしょう。オランダでも12月25日は祝日で、スーパーマーケットですらお休みの所もあります。

関連記事

オランダのクリスマス休暇、12月25日の様子について掲載しています。オランダのクリスマス休暇、12月25日に観光を予定している場合は、注意が必要です。お店や、レストラン、観光施設など国内の多くの場所がクリスマス休暇のためお休みとなります。[…]

オランダのクリスマスにもケンタッキー!!?

オランダでも、クリスマスに鶏肉が販売されているのをみかけましたが丸鶏や骨付きのお肉をオーブンで焼いて頂くと言った料理で、ケンタッキーはまず買ってきません。「クリスマスにケンタッキー」は日本独特の文化になっています。

と、それ自体は間違いではないのですが、オランダでは2019年頃から「クリスマスにケンタッキー感」を出してきています。それがこちら。

パーティーバーレル X-mas variety buket

X-mas variety buketというパーティーバーレルです。セット内容は、チキンが4本、ホットウイング6本、クリスピーチキン4本とポテト2つなので、家族よりはカップルなど向けと言った感じで、 日本でクリスマスに販売されるパーティーバーレルより少なめです。 絵皿はついていませんが、海外でもクリスマスにKFC感をみかけました。とはいえ、クリスマスのKFCはガラガラなので、予約なく購入できます。

クリスマス時期のケンタッキー店内でみかけたクリスマスツリーには、日本人には懐かしいサンタクロースカーネルサンダースさんのオーナメントも。

インスタでもクリスマスにケンタッキー

オランダKFCのインスタグラムでも、クリスマスにケンタッキーというような雰囲気を見かけた記憶があります。2019年のオランダKFCのインスタです。

クリスマスが仕事で忙しいならスマホで夕飯にKFC買えるよと言った感じで「忙しいならクリスマスにKFC」と言った雰囲気ではありますが、日本人には懐かしい「クリスマスにケンタッキー」です。

2020年にはカップルでクリスマスにケンタッキーという、日本っぽい写真が!

日本とはパーティーバーレルのデザインが少し違いますが、クリスマス柄のパーティーバーレルです。「これは!!!」と言った感じで、日本人には懐かしくなる習慣で嬉しくなった写真です。

いやでも、きっとオランダでは家でネットフリックスとKFC、こちらの方がなじみやすいでしょう。

2021年には、クリスマスクッキーシェイクなる、クリスマス限定らしいシェイクをみかけました。オランダでクリスマスの時期に食べられる「ジンジャーブレッド」が入っているシェイクも登場です。オランダでは、クリスマスバーレルに、限定シェイクとKFCのクリスマス商戦に熱が入ってきている印象です。

ベルギーでもクリスマスにケンタッキー

クリスマス時期にベルギーを旅行した際にも、同様のクリスマス向けのパーティーバーレルを見かけました。

というわけで、海外でクリスマスにケンタッキーは「ないでしょう」と言った雰囲気はあるのですが、オランダでは、クリスマスバーレルも販売されているのっで、クリスマスに「パーティーバーレル」もできるよ、というわけでした。 海外ではクリスマスにケンタッキーというと微妙な反応をされてしまいますが、 クリスマスにケンタッキーを食べたくなる日本人としては嬉しい販売ですね。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1521 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!