日本の帰国者隔離はいつまでか

日本では、水際対策として海外の指定された地域からの帰国者に、14日間の自主隔離を義務付けています。いつまで隔離が必要なのでしょうか。

日本の帰国者受け入れ水際対策

日本の空港では新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため、対象者に水際措置(水際対策)を実施しています。 入国した日の過去14日以内に入国制限対象地域に滞在歴のある場合、検査の義務があります。対象国は、厚生労働省ホームページで確認が可能です。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html#Q1-1

海外の入国制限対象地域に滞在歴のある場合 以下のようなことが義務付けられています。

  • 検疫(PCR検査)の義務
  • 公共交通機関を利用しての移動不可
  • 14日間の自主隔離

検査義務の他、電車、リムジンバスやタクシーなどの公共交通機関を利用できない、また14日間の自主隔離を義務付けています。

日本の帰国者隔離はいつまでか

現時点で発表されている限りでは、厚生労働省では、隔離がいつまでになるか明確な日付を発表していません。7月末から感染が再度拡大しており、長引く可能性も見えてきました。

隔離は8月末か9月上旬まで?

安倍晋三首相が8月末から9月上旬で調整されている米国での先進7カ国首脳会議(G7サミット)に出席した場合、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため必要な帰国後14日間の「隔離」を免除する方向で調整に入った

というニュースが7月24日に報じられました。

ライブドアニュース

米国でのG7サミットが、8月末から9月上旬で調整されている。安倍首相が出席した場合に帰国後の「隔離」を免除する方向で調整…

これが安倍総理だけ、隔離を免除するのか、帰国者全体への隔離がなくなるのかが定かではありませんが、可能性の1つとして、G7あたりに隔離がなくなるのでは、という予想も出始めています。

帰国者が空港から移動する方法

帰国者の隔離がなくなるまでは、公共交通機関での移動も制限される可能性が高いです。帰国者が空港から移動する方法についまとめています。

関連記事

帰国者(一時帰国者)が注意したい点 日本の空港では新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため、対象者に水際措置(水際対策)を実施しています。 海外の入国制限対象地域に滞在歴のある場合 以下のようなことが義務付けられています。 […]

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。
※掲載している商品は主に楽天市場Amazonのアフィリエイトを利用しています。