オランダ語で天気の名前

オランダ語で天気の呼び方、晴れは?雨は?曇りは?天気に関するオランダ語を紹介します。 天気についての話をする時、 オランダ語の天気の名前を知っていると便利です。

天気: het weer 

天気はオランダ語でweerと言います。英語で天気を意味するweatherと少し似ていますね。

  • Goed weer(良い天気)
  • Hoe is het weer?(天気はどうですか?)

晴れ: zonning

晴れはオランダ語で「zonning」といいます。

雨: regen

青はオランダ語で「regen 」といいます。英語の雨を意味するrainと少し似ていますね。

くもり(曇り): bewolkt

くもり(曇り)はオランダ語で「bewolkt 」といいます。雲をオランダ語で de wolk といいます。

雪: sneeuw

雪はオランダ語で「sneeuw」といいます。

  • de sneeuwpop (雪だるま)

「ゆきのひのうさこちゃん」のオランダ語タイトルは「 Nijntje in de sneeuw」です。ミッフィーのオランダ語絵本タイトルについてまとめています。

関連記事

ミッフィーの著者ディック・ブルーナはオランダの作家で、オランダ語の絵本が原書です。日本でも大人気のミッフィー(ナインチェ)の絵本「うさこちゃん」シリーズのオランダ語の絵本とオランダ語の意味を紹介しています。 オランダ語のミッ[…]

オランダは雪が少ない国であまり積もりませんが、年によっては雪が積もるときがありました。

関連記事

オランダの冬は寒いと言われますが、雪が少ない国と言われています。実際に雪が降るのかどうかについて掲載しています。 雪が降るかどうか オランダでも雪が降ります。ただし、日本の雪と比べると積雪量が少ないです。また、年間でも数えるほ[…]

台風:typhoon

台風はオランダ語でtyphoonといいます。オランダの台風の呼び方は、日本と異なり「名前」がついています。

関連記事

日本では台風1号、2号と呼ぶ台風ですが、オランダでは嵐・台風の呼び方が少し異なります。オランダでの台風の呼び方について日本と比較して掲載しています。 日本の場合 気象庁で毎年1月1日以後、最も早く発生した台風を第1号と[…]

嵐:het onweer

嵐はオランダ語ででonweerといいます。

雷:bliksem

雷はオランダ語でbliksem(ブリクセム)といいます。

霜:de vorst

霜はオランダ語でvorst といいます。英語で霜を意味するfrostと少し似ていますね。

霧:de mist

オランダ語で霧はmistといいます。英語と同じですね。

虹: de regenboog 

オランダ語で虹はregenboogといいます。英語の虹を意味するRainbowとスペルはだいぶ違うのですが、レイフンボーというような発音で、発音は英語と少し似ています。

オランダの天気は変わりやすく、朝有れていたと思ったら、急に曇ってきて雨が降ったり、風邪が強くなったり、雨が降ったと思ったら晴れたりなど、1日の中で天気がコロコロと変わる日も珍しくないのが、オランダの天気です。

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。
※掲載している商品は主に楽天市場Amazonのアフィリエイトを利用しています。