オランダの国民性と特徴 – オランダ人あるある

オランダ人の性格や特徴は?オランダの国民性は?オランダ人あるあるをまとめて掲載しています。

オランダ人の国民性とはいえ個性もあるので、当てはまらない人ももちろんいます。ただ、数年間オランダで暮してみて、こんなオランダ人をよく見かけるな、これはオランダの国民性かなと感じた性格や特徴が以下になります。

ケチ?倹約家?

オランダ人の性格や国民性としてよく言われるのが「ケチ」という特徴です。言い換えれば「倹約家」ということなのですが、確かに無駄を嫌い、出費をおさえているオランダ人を見かけます。オランダ人の彼氏とデートしたら「なぜ安い方を選ばないのか」など揉めてしまったというのはオランダ人あるあるなのかもしれません。お洒落で美味しいけど高いご飯より、安くて量が多い料理の方がお気にいりのようです。

ただ、単なるケチなのかというと、なんとなく「無駄な出費を抑えて、使う所は惜しまない」というお金の使い方をしているように見受けられます。募金、家の改修、休暇、誕生日会、この辺に使うお金はおそらく日本人より多いのではないでしょうか。

個性や意見を尊重

オランダ人は個人の意見を尊重し、個性を尊重するの人が多い印象です。 良い意味でも悪い意味でも他人に興味が無いのか「あなたがそれなら、それでいいんじゃない」というような雰囲気を感じます。

それはオランダという国にもいえそうです。安楽死、同性婚、大麻、売春など日本では違法や認められていないものが、合法、許容されている国でもあります。

正直、ストレートにものを言う

日本では「本音と建前」だったり「愛想笑い」なんて言う文化もありますが、オランダではあまり見かけません。面白くないなら笑わない、嫌だから嫌というそんな雰囲気です。意見が食い違っても気にせずぶつかり合いますし、周りを気にせず私はこう思うとストレートに意見を主張してきます。

それでも、日本人のように本音が分からないよりはましという意見もありますが、 余りにストレートに意見をいうので、日本人には傷づいてしまう人も。正直にものを言う国民性があるように感じます。

6割で満足?その分自己肯定感が高い

同じ問題を解いて正解率が6割の時、「6割できた!」ととらえるか、「6割しかできなかった……」ととらえるかで大きく自己肯定感は変わります。日本人は100点満点のテストで60点なら「60点しか取れなかった……」ととらえる人が多そうですが、オランダ人は「60点取れた!」と前向きにとらえるような印象です。

というのもオランダには「Zesjescultuur」という6割が合格点と言うような文化があり、60点は合格点になるわけです。90点でもあと10点頑張れる!なんてとらえる人が多そうな日本からすると信じられない感覚ですね。

実際オランダの学校に通う日本人の生徒が「1問できなかった」と嘆いている態度をみて、オランダ人の先生から「理解できない」という事を言われたこともあります。オランダにはこのZesjescultuurを問題だととらえる声もありますが、良くも悪くも6割取れればOKなオランダ、自己肯定感が高く、オランダ人の子供が幸せ、など言われる所以はこの辺にあるのかもしれませんね。

関連記事

ユニセフが発表している、子供の幸せ、幸福度調査をしている子供の幸福度ランキングの最新順位情報です。2020年もオランダが1位となっています。 2021年の発表は予定されておらず、この順位が最新ランキングになります ランキングの全順位や日本[…]

仕事より家族や人生

日本でいう「仕事人間」というような人もオランダには居るのでしょうが、あまり見かけません。どんなに偉い立場で仕事をしている人でも「家族が大事」「自分の人生の方が大事」それが当然でしょといったような印象をうけます。定時に仕事を切り上げ、平日に仕事後でもバーベキューをしたり楽しむオランダ人の姿は、日本と異なるなと感じる国民性です。

お洒落には無頓着なのかな……

日本人は本当にお洒落で、身なりに気を使う人が多いなと多いと思います。ヨーロッパの他の国と比べてもオランダはお洒落には無頓着な人が多い印象です。先に書いた「周りを気にしない」が服装にも表れているのでしょうか。ジャージでアムステルダムなどオランダの都会を颯爽と歩いている人も多いです。ある時、フランスのパリでオランダ語が聞こえたので見かけたら、ジャージにTシャツという出で立ちの割合が多くてなるほど……と思ってしまった経験があります。いい意味でも悪い意味でも高いヒールやお洒落なワンピースより 「自分が快適」な服装の方を優先するのでしょうか。

もちろん、お洒落なオランダ人も居ますが、国民性としては、無頓着というか「安くて着心地が良い服の方が良い」そんな人が多い印象です。

休暇は観光よりのんびりと

日本人が休暇で旅行というと、1泊2日で効率よく観光地巡り、予定はびっしりと、とそんな休暇の過ごし方も珍しくないですが、オランダの休暇は、1週間特に予定もなく旅先でのんびりと過ごす、そんな国民が多いように感じます。

オランダ人に人気がある休暇先に texel(テッセル)という島があるのですが、日本人に人気の休暇先とは少し異なり、 大きな見どころや人気の観光スポットがある島ではありません。日本人には何もなくてつまらなかったという人も居るそうです。日本人の休暇にはヨーロッパの観光地、イタリア、フランスなどの方が人気かもしれませんね。

関連記事

オランダの島、texelテクセル島(テッセル島)の観光、おすすめスポットについてまとめて掲載しています。 オランダ人の休暇に人気の何もない?テクセル島 テクセル島はオランダ人の休暇先としてとても人気の島です。アムステル[…]

国によって異なる国民性、もちろんすべてのオランダ人がこの性格や特徴に当てはまる訳ではありませんが、こんな国民性のオランダ人はよくみかけます。

ヨーロッパの国民性

この本は、オランダ人あるある、ベルギー人あるあるなどヨーロッパの国民性が分かり興味深い本でした。各国の国民性に興味がある人におすすめの本です。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1395 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!