子供向けおすすめウィルス本・漫画

コロナで自宅で過ごす時間が増えている中、小学生の子供とコロナ時に読みたい本、読んだ中で「ウィルスを学ぶ」という意味でおすすめの本を掲載しています。 コロナって何?ウィルスって何?免疫って何? 新型コロナウィルスの影響で子供からそんな質問も出てきますが、子供向けの説明に困っている方、子供向けのウィルスに関する本を探している方におすすめです。

新型ウイルスのサバイバル

サバイバルシリーズは 小学生の子供向けに学習漫画です。この「新型ウイルス」の巻、新型ウィルスのサバイバルは全2巻構成になっています。サバイバルの部分はいつもと同じ感じではあり、ジャングルへ行くので都市部でのウイルスサバイバルとは少し異なりますが、手洗い、マスク、隔離などのウイルスへの予防についての知識も漫画で描かれており子供も理解しやすいよう描かれています。また、漫画の合間の説明では「ウイルスと最近の違い」などの知識も文章と写真で描かれています。丁寧に書かれているのに子供は漫画以外は飛ばしがちなのですが……という点はおいておいて、コロナのご時世に「ウイルス」についての基本知識を子供が学ぶには、おすすめの本です。

ウイルスから人体を守れ

こちらも学習漫画です。体内に入り冒険するような形で、ウイルスを守る細胞や体の仕組みを説明しています。ウイルスのイラストがリアルで怖いですが、抗体、飛沫感染なども分かりやすい印象です。

新型コロナウィルスのサバイバルとウイルスから人体を守れ、どちらも読んだ子供の感想では、ウイルスに移らないためにどうすればよいかが分かり易いのが新型コロナウィルスのサバイバル、ウイルスが体の中でどんな風なのか、どんな風に細胞が戦うのかが分かり易いのがウイルスから人体を守れとの事です。ウイルスから身を守る方法を知りたいのか、ウイルスが体内でどのような様子なのか、体がどう戦うのが知りたいのか目的に合わせて選ぶのが良いと思います。漫画だと子供が抵抗無く読んでくれるのも良いですね。

サバイバルシリーズはまだ早い、漫画はお好みでないという場合は、キャラクター図鑑もおすすめです。

気になるあの病気から自分を守る! 感染症キャラクター図鑑

感染症がキャクターになっていて、インフルエンザなどの流行病がわかりやすい図鑑です。サバイバルシリーズはちょっと、という場合などはこちらの図鑑が良いかなと思いました。もちろんコロナウィルスはまだ載っていませんが、感染症の基本知識が学びやすい図鑑です。免疫キャラクター図鑑といって、病気を防ぐ仕組みが分かる図鑑もあります。

小さくてふしぎな ウイルスのひみつ (のぞいてみよう ウイルス・細菌・真菌 図鑑)

キャラクター図鑑やサバイバル漫画より、本格的な図鑑を探している人はウイルスのひみつという図鑑もあります。 インフルエンザウイルスやノロウイルスなど電子顕微鏡でしか見ることのできないナノメートルの世界が広がっている図鑑で、ウイルス自体に興味がある場合は良い本だなと思いました。

個人的には小学生が食いついて読んだ「新型ウイルスのサバイバル」が漫画で読みやすいのでおすすめですが、その他にも良い本が沢山あります。もう少し興味を持ってくれたら図鑑も購入しようかと思ったらサバイバルシリーズの他の本の方が読みたいとなってしまいました。

新型コロナウィルスの影響でウィルスの存在が身近になった今、最近やウイルスについての知識を学ぶ良い機会でもあります。 大変な時期ですが、実体験から学びにつなげることが出来ますので何等か「ウィルス」に関する本を読んでみるのはとてもおすすめできます。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 975 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!