免税でお買い物!条件・必要なものまとめ【一時帰国】

海外在住の日本人は、日本に一時帰国する際、条件が合えば免税でお買い物が可能です。条件、必要なもの、免税で買えるお店などをまとめて掲載しています。

免税対象者

免税対象というと、外国人の爆買いをイメージするかもしれませんが、一時帰国し、その滞在期間が6か月未満の者になります。そのため日本人でも、2年以上外国に滞在する目的で出国し、一時的に日本に入国し、滞在期間が6カ月未満で出国する者場合は免税対象になります。

つまり、海外在住日本人は条件があえば一時帰国に日本で免税で爆買いできる!という訳です。

免税で買うための条件

どんなお買い物も免税になる訳ではありません。決まった条件の人が、決まったお店で定められた金額以上を買い物し、免税の申請をしたら免税となります。

  1. 非居住者( 滞在期間が6カ月未満で出国 )
  2. 免税の対象店で購入
  3. 1回の購入金額が税抜5000円以上
  4. パスポートとビザを提示
  5. 消耗品は未開封で、購入後30日以内に出国

つまり海外在住日本人は一時帰国が免税になるといっても

  • 入国後6カ月以上日本に滞在
  • お買い物の際パスポートを忘れた
  • 免税対象店以外で買い物
  • 購入金額等の条件を満たしていない

は免税対象にはなりません!

例えば、ユニクロはオンライン通販は免税対象ではないですが、店頭の買い物は対象でした。そして対象のお店でもパスポートを持参していなかったり、5000円以下では免税になりませんので要注意です。

免税の対象店

  • ロッテ免税店銀座(LOTTE DUTY FREE GINZA)

などブランドの免税店の他

  • 西武、そごう

と言ったデパートも対象です。(そごうの免税手続きについて:https://www.sogo-seibu.jp/foreign/menzei/

その他、家電量販店、洋服、ドラッグストアなど、こんなお店も免税で買えるんだ!という意外なお店もあり免税の対象店を検索できるホームページがおすすめです。

免税対象店舗検索

https://www.taxfreeshops.jp/ja

消耗品は未開封で、購入後30日以内に出国?

免税の要件に 消耗品は未開封で、購入後30日以内に出国と書かれていましたが、実際に一時帰国の際ユニクロで免税のお買い物をしてきた際は、開封していても大丈夫でした。というか、エコバッグに入れて商品を持ち帰ったので、開封も何ももともと開封済では…という状況でした。日本滞在中に商品も使用していましたが特に問題はありませんでした。

ユニクロで免税購入した際の情報はこちらにまとめています。1品1品ごとに品目を手書きで記入していたので、申し訳ない気持ちになりました……。

関連記事

一時帰国の際ユニクロ(UNIQLO)で免税でお買い物する方法について、条件、必要な持ち物、店舗の探し方、開封についてなど実際に購入したときの流れをまとめて掲載しています。 【1】免税のお買い物ができるのは海外在住「非居住者」[…]

空港の自動ゲートを使用に要注意

一時帰国だという事を示すため、日本に入国した際のスタンプを見せるきかいがありましたが、自動ゲートを利用して入国するとこの「入国スタンプ」がありません。今後チップ読み取りなどで改善されればよいのに……と思っている点ではありますが2021年時点では、一時帰国だと証明する際に入国スタンプが必要でしたのでご注意ください。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1145 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!