【3日間強制隔離】数え方・流れ・ホテル

新型コロナウイルスの水際対策として海外から日本に入国、帰国後、3日間、6日間、10日間強制隔離される国があります。成田空港、羽田空港、関西国際空港で強制隔離の対象国、使用される隔離対象ホテルなど3日間(6日間、10日間)の強制隔離について2021年帰国の際の経験談をふまえまとめて掲載しています。

水際対策上特に懸念すべき変異株等に対する指定国からの入国

以前には基本的には到着後PCR検査して14日間の隔離という流れでしたが、新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置として、水際対策上特に懸念すべき変異株等に対する指定国からの入国の場合は、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で待機し、入国後に改めて検査を受け陰性と判定された場合に検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の残りの期間を、自宅等で待機するという流れの国が指定されました。

対象国

3日間の隔離措置の国に加えて、6日間の隔離措置の国、10日間の隔離措置の国もあります。令和3年7月15日時点の対象国情報です。

検疫所の宿泊施設で3日間待機

アイルランド、アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、エジプト、オランダ、カザフスタン、ギリシャ、キューバ、コスタリカ、コロンビア、スウェーデン、スペイン、スリナム、セーシェル、タイ、チリ、チュニジア、デンマーク、ドミニカ共和国、トリニダード・トバゴ、トルコ、ナミビア、パラグアイ、フィジー、フィリピン、ブラジル、ベネズエラ、ベラルーシ、ペルー、
ベルギー、ボリビア、ポルトガル、南アフリカ共和国、ヨルダン、リビア、米国(15州:アイダホ州、アーカンソー州、アリゾナ州、オレゴン州、ケンタッキー州、コロラド州、ニューメキシコ州、ネバダ州、フロリダ州、ミシシッピ州、モンタナ州、ルイジアナ州、ユタ州、ワイオミング州、ワシントン州)、ロシア(カレリア共和国、サハ共和国、サラトフ州、モスクワ州、サンクトペテルブルク市、ニジェゴロド州)

検疫所の宿泊施設で6日間待機

アラブ首長国連邦、ウガンダ、英国、 バングラデシュ、マレーシア、ロシア(モスクワ市)

検疫所の宿泊施設で10日間待機

アフガニスタン、インド、インドネシア、キルギス、ザンビア、スリランカ、ネパール、パキスタン、モルディブ

感染者数の状況にあり指定国の増減が随時報告されています。最新の対象国は外務省のホームページで確認可能です。

参照)https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C113.html

ホテル費用

強制隔離の宿泊施設の費用は無料です。入国の際滞在国の確認があり、強制的に隔離施設への移動となります。この隔離に際してはホテルの事前予約は必要なく、検疫所が指定されたホテルへの移動になります。ホテルは選べません。
同じフライトでも人によって滞在するホテルは異なりました。

3日間の強制隔離数え方

  • 到着日・入国日は0日目……入国のための検査  強制隔離に 1泊
  • 隔離1日目……この日から3日間強制隔離 2泊
  • 隔離2日目 …… 3泊
  • 隔離3日目……検査 ⇒陰性なら隔離施設から解放

    ※ 3日間の隔離後に3日目その日のうちに移動するか、次の日移動するかなど希望を提出できました。 (施設により異なるかもしれません。)
    ※強制隔離施設から出た後、自主隔離場所へ移動。公共交通機関は使えません。

例えば7月14日に入国した場合

  • 7月14日到着 強制隔離施設に移動
  • 7月15日 隔離1日目
  • 7月16日 隔離2日目
  • 7月17日 隔離3日目 朝検査 夕方の移動希望か、次の日の移動希望か選択できました。 (施設により異なるかもしれません。)

このような流れです。

日本到着後・帰国後の流れ

3日間(6日間、10日間)の隔離が必要な国から帰国した際の流れは以下のようになります。

空港到着後の唾液検査・アプリ確認

到着後の唾液検査は到着国問わず、ワクチン接種問わず、陰性証明書の持参問わず皆受ける必要があるようです。
日本入国の際、陰性証明の持参が義務付けられている点にご注意ください。隔離期間の滞在場所やアプリ確認などもあります。事前に用意した方がスムーズです。以下にまとめて掲載しています。

関連記事

コロナ禍では海外から日本帰国する場合、飛行機のチケット購入以外にもしなくてはいけない手続きや手順が沢山あります。新型コロナウイルスの影響のある中、日本へ帰国するために求められている必要な手続きや手順をまとめて掲載しています。【2021年7[…]

隔離ホテルへ移動

到着後の検査で陰性の場合で3日間の隔離対象国からの帰国の場合は、隔離ホテルへ移動します。ホテルは選べません。バスで皆で移動します。

強制隔離

入国により決められた日数の強制隔離となります。強制隔離のホテルの部屋から外に出ることはできません。

3日目にコロナ検査

検査結果が陰性の場合ホテルから解放されます。ホテルから空港にバスで移動し解散という流れでした。

空港からホテル・自宅などへ移動し自主隔離

ここから自分達で用意した自主隔離への移動となります。公共交通機関は使えません。強制隔離施設での隔離は14日の隔離に含まれます。例えば3日間の強制隔離の場合、14日の自主隔離とされていますが、3日間は既に経過しているため解放後、11日間の自主隔離となります。

移動に際しては公共の交通機関が使えず、知人に迎えに来てもらう、レンタカー利用、ハイヤー利用などの選択肢があります。国内線も公共交通機関にあたり利用できません。移動に関しては以下にまとめて掲載しています。

関連記事

帰国者(一時帰国者)が注意したい移動制限 日本の空港では新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため、対象者に水際措置(水際対策)を実施しています。 海外の入国制限対象地域に滞在歴のある場合 以下のようなことが義務付けられていま[…]

3日間の強制隔離に使用されているホテル

ホテルは選択できませんが、実際に帰国した方の情報によるといくつかのホテルで隔離生活となることが多いようです。(あくまで見聞きした話で随時変更があるかと思います)ホテルは強制的に決められるので、自分で希望を出したり選ぶことは基本できませんでした。

成田空港

基本的に成田空港付近のホテル隔離となるようですが、中には中部国際空港まで移動し隔離になったという体験談もあるようです。

朝日新聞デジタル

 政府は、新型コロナウイルスが猛威をふるうインドネシアから16~17日に成田空港(千葉県)に帰国する人の一部について、中…

羽田空港着

関空空港着

3日間の隔離は辛い?

単身者場合はシングルルームになるかと思います。ビジネスホテルのシングルの部屋というと、ベッドと必要最低限の備品のみですよね。部屋も広くなく、窓も開かない部屋が多いかなと。狭いホテルの部屋から外に出れませんので、辛さを想像できるかなと思います。

家族での帰国の場合は、ベッドが2以上の部屋になることが多いので単身での帰国の場合よりは広い部屋になることが多いようです。ですが小さなお子さんなど動きたい盛りの年頃では辛いかなとおもいます。またお子さんが1人で小さい場合は単身者用の部屋になるなどする事もあるようです。

ある程度辛さは予想できるかもしれませんが、単身者の隔離の場合は特にキツイという感想を耳にしました。

いつまで?

各国の感染者数などの状況に応じ、今後解除される国が追加されることもありそうです。最新の対象国情報は外務省のホームページ確認が正確です。

参照)https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C113.html



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 884 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!