切り花のチューリップの選び方

切り花のチューリップを選ぶ際、どんなチューリップを選んだらよいでしょうか。選び方のコツをまとめて掲載しています。

切り花のチューリップの寿命

切り花のチューリップの寿命は、部屋の暖かさによります。だいたい1週間程度が基本ですが、暑い場合は4日程度、寒い場合は10日以上もつこともあります。

日持ちさせたいならつぼみを購入

チューリップというと、カラフルな色とりどりの花をイメージする方が多いかと思います。ただ、注意しなければならないのは「今」が見頃のチューリップを切り花で買ってしまうと、あっという間に花びらが開いて、見頃を終えてしまうことです。

色づいていないつぼみの方が長持ちする

つぼみもまだみどり色で、色づいていないつぼみの方がながもちします。とはいってもそれでは花瓶に入れ部屋に飾った時に少し寂しいという場合は、つぼみのチューリップと色づいているチューリップを混ぜるという方法もあります。全部緑ではなく選べるのであれば、少しでも色味がある切り花を混ぜると綺麗です。

緑色のつぼみを選ぶのは、せっかく花を買うのに華やかさがなく残念かもしれません。でも室温なら、1日2日かもすればあっという今に綺麗に色づいてくるでしょう。

葉っぱが綺麗かも重要

チューリップの葉っぱが綺麗な緑色をしているかも重要です。お花だけでなく葉っぱの状態も確認しておきましょう。

茎は太い方が真っすぐをキープしやすい

チューリップは切り花となった後も成長します。チューリップを飾る際悩むのは茎が曲がってきてしまう事。これはこれで綺麗なのですが、真っすぐのチューリップを楽しみたい人には少し残念に感じるかもしれません。

何度か飾ってみたところ、茎が太いチューリップの方がまっすぐでいる期間が長かったです。茎が曲がってきてしまうのは水を上手くすえてないからと聞きました。茎が太い方が水を上手くすえるのでしょうね。長持ちさせたいなら茎の太さを確認し、太いチューリップを選ぶのもおすすめです。

切り花のチューリップを長持ちさせる生け方

ではチューリップを長持ちさせる生け方はあるのでしょうか。

室温が低い所に置く

まず、室温は低い方が長持ちします。同じ部屋でも長持ちさせたい場合は直射日光の当たらない場所に置くなどの工夫で寿命が変わってきます。

水が葉っぱにつからないように

チューリップの葉が水につかると腐りやすいのだとか。水を少なめに入れる、水につかる部分のチューリップの葉をとるなどします。

水を切らさないように

水を少なめに入れた場合には、水がなくなっていないかこまめに確認をおすすめします。チューリップは吸水力があるので、水をよくすいます。

栄養剤

いろいろ工夫しましたが、最終的にはやはり栄養剤が効果があります。

チューリップが曲がってくる

チューリップは生けていると、茎が曲がってきてしまいます。先に書いたように茎が太い方が曲がってくるまでの期間が短い印象です。曲がってくる理由は吸水がうまくいっていないからことですが、色々がんばりましたがなかなか曲がらないようにするのは難しい印象です。 以下は個人的にチューリップが曲がってくるときに工夫しているコツです。

1面を壁につける

四方八方に曲がっているとだらしな印象もでてしまいますが、一面を壁につけるとそれなりに見えます。(個人的に)ですので、うちではチューリップが曲がってきたら壁際におくことにしています。

姿勢強制?夜間は壁際へ

これも個人的な解決策なのですが、寝ている間は壁際にチューリップを寄せ、姿勢強制のように吸う事で効果がある場合もありました。これはプロにおすすめされた方法ではなく個人的な方法なのですが、曲がってきたばかりの時などは効果があった気がします。

ギフトには咲いている花を

長持ちはしませんが、ギフトだとつぼみは少し寂しいかもしれませんね。ギフトの場合は華やかに咲いているものを選ぶ方がおすすめです。

アレンジメントや通販なども咲いている状況のものが多いかと思います。 気心知れている中で「長持ちするよう選んだよ」という仲でお店の人に依頼できるのであれば、つぼみを混ぜて貰うのも良い案です。

チューリップの造花も人気

チューリップの切り花を選んでも、ずっと咲いてはくれません。人気となっているのがチューリップの造花です。

枯れない花にもかかわらず、本物の花のような柔らかい感触が人気です。プレゼントやギフトには、チューリップの造花を選ぶという方法もあります。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1015 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!