DJの掛け声・英語フレーズ【EDMイベント参加者必見】

DJが会場を煽る時によく使う掛け声、英語フレーズと和訳、カタカナ表記、言われた時に取りたい動作を掲載しています。パリピや海外アーティストのイベントやコンサート、海外でのEDMフェス参加者必見!会場で盛り上がるために覚えておきたい英会話、英語です。

ライブ・イベント開始時によく言う英語フレーズ

開始時や曲の途中で、イベント名や会場のある国や地名を叫ぶことがありますね。

Hello Japan!

Hello Tomorrowland!

言われたら Yeah ~!(イェーィ)や Oh~!(オー)など言いながら盛り上がりましょう!

What’s up Japan!

こう聞こえるかも ⇒   ワッツアップジャパン

How you feel?

How you feeling?

Are you ready?

Are you ready Japan?

元気?調子はどう?準備できた?というような意味なのですが、通常の英会話では返答がありますがフェスやイベントではこちらも、 Yeah ~!(イェー) など言って盛り上がっておけば間違いないです。

手をあげようという英語フレーズ

DJは曲の間によくこのフレーズ使いますね。DJによってよく同じ英語フレーズだったり、タイミングに合わせて変えたり、とりあえず、DJにこれを言われたら 手をあげて盛り上がろう!という英語フレーズです。カタカナにするとこう聞こえるかもフレーズも載せておきました。

Hands up!

こう聞こえるかも ⇒   ハンズアッ、ハンズアップ

Let me see your hands up!

と言うDJも居ますね。

Get your hands up!

こう聞こえるかも ⇒  ゲッチャハンザ、ゲッチュアハンズアップ

Put your hands up!

こう聞こえるかも ⇒ プチョヘンザップ、プッチョヘンザ

Everybody raise your hands!

こう聞こえるかも ⇒  エブリバディ ライズ ユア ハンズ!

Put’em up!

こう聞こえるかも ⇒ プチェムアッ、プッテムアッ

は Put them up略でPut them upというのですが、UPはほぼアップとは聞こえず「アッ」と言った感じに聞こえると思います。
両手をあげよう!と言うような意味で、こちらも手をあげようという意味です。

手を叩こうという英語フレーズ

手をあげよう同様、手を叩こう的に会場に声をかける時もあります。

Clap your hands!

こう聞こえるかも ⇒  クラップヤハンズ

Clap! Clap! Clap!

「クラップ」と聞こえたら手をたたきましょう!

ジャンプしようという英語フレーズ

この英語フレーズで煽られたら飛び上がって、ジャンプして盛り上がりましょう!「ジャンプ」は日本語でも使うので聞き取りやすいかもしれません。「ジャンプ」と聞こえたら、飛び上がって間違いないかもです。

Are you ready to jump?

Everybody jump

Everybody fucking jump!

fuckingがついたら「もっと跳ねろーーー!」的な掛け声です。さらにジャンプしましょう。

声を出そう、騒ごうという英語フレーズ

DJがこのフレーズで煽ってきたら声を出したり騒ぎましょう!

Everybody scream!

Make some noise!

日本(日本語)のライブやコンサートで「騒げーー!」など煽られるのと同じ感じです。言われたら声を出しましょう。

Make some fucking  noise!

「もっと騒げーーーー」というような煽りです。こう掛け声があったら、更に騒ぎましょう!

Make some noise for yourself!

と言われることもあります。とにかく「ノイズ」「スクリーム」と聞こえたら、声を上げれば違い……ないかも。

スマホのライトをつける掛け声

スマホのライトをつけて!という掛け声をいうDJもたまにいます。暗い中でスマホのライトが光っている景色は壮観です。

Put your lights up!

こう聞こえるかも ⇒  プッチュアライアップ

と言われたら、スマホのライトをオンにして楽しみましょう。

国旗を揚げる英語フレーズ

EDMフェスでは、国旗が定番です。身にまとったり、国旗を揚げたり振り回したり思い思いに楽しんでいます。

Put your flags up !

というように、国旗を揚げるのを煽ってくるDJも。

会場を褒める英語フレーズ

「お前ら最高だぜ」的意味で、DJが言ったら会場は盛り上がるフレーズです。言われたら歓喜の声を上げましょう。

You guys are amazing!

こう聞こえるかも  ⇒ユーガイズアーアメジング

You guys are crazy.

日本では「クレイジー」というと気がくるっているようなニュアンスに取られがちですが英語のCrazyは誉め言葉でもよくつかわれます。特にコンサートやライブ会場でDJの「クレイジー」という掛け声は誉め言葉や「クレイジーになろうぜ」という煽り文句かと思います。

I love you guys.

そのままですね。 盛り上がりましょう!

会場を盛り上げる英語フレーズ

声をあげようとか、ジャンプしようとか具体的な煽りではないのですが、この掛け声が来たらとりあえず盛り上がりましょう!盛り上がっている場面で使うDJも多いですね。

Let’s go !

1、2、3、 Let’s go !

Go!Go! Let’s go!

以上、 DJが会場を煽る時によく使う掛け声、英語フレーズと和訳、カタカナ表記、言われた時に取りたい動作を掲載しました。フェスやライブの会場だと、周りがジャンプしたり、手をあげたりしていて何となくわかるかもしれません。海外のアーティストのイベントや、海外でのイベントもとても楽しいですよね。是非楽しんできてください!

オランダはEDM最強国などともいわれ、人気DJの出身となっています。世界DJランキングでも上位に多くランクイン!国際的なイベントではオランダ人DJも英語で会場を煽っています。オランダDJは良いDJが良いので、是非注目してみて下さい。

関連記事

オランダは海外でも活躍するDJが多い国で、人気DJランキングでも上位常連の国です。オランダではDJ文化が普及していて、子供の将来の夢がDJだったり、国王の式典でもDJパフォーマンがされるなどしています。出身が多いオランダDJの背景と、オラ[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。