オランダのエスカレーター

オランダのエスカレーターで左右どちらに立つのか、歩く側がどちらなのかなど、オランダのエスカレーターに関する情報を掲載しています。

オランダのエスカレーター

オランダのエスカレーターでは、右に立ち左側を歩くのがルールです。オランダ アムステルダムのエスカレーターで、このようなサインが表示されているのを見かけました。

  • links gaan
  • rechts staan

と書かれています。 オランダ語で linksは右、 rechtsは左という意味ですなのですが、 左は行く(歩く) 右は立つ というような意味がかかれています。つまり立ちたい人は左側に立ち、歩いてエスカレーターを歩きたい人は左側を歩くというわけです。

関連記事

オランダ語で右や左といった言い方について掲載しています。 右:Recht オランダ語で右はRecht(レヒツ)と言います。英語だとLeft (レフト)は左の意味なので、紛らわしく聞こえるかもしれません。 オランダ[…]

オランダのエスカレーターは関西ルール

日本では、関西、関東でエスカレーターを利用する際のマナー といいますか習慣がありますね。

  • 関西では立ち止まる人が右に並び、歩く人が左側
  • 関東では立ち止まる人が左側に並び、歩く人が右側

という風に歩く側に違いがあります。

これを鑑みると、オランダでは関西のルールということになります。私が見かけたのはアムステルダムなので他の街のルールは分からず、ひょっとしたら日本のように同じオランダ国内でもルールが違う場所がある可能性もあるのかもしれません。このサインを見かけた時に間違えて左に立たないよう、オランダのエレベータールールを覚えておくと、旅先で便利です。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。

オランダ情報をチェック!