オランダの国王はパイロットでEDMファン?

オランダの国王について掲載しています。パイロット、EDMが好き?などという情報についても。

オランダ国王ウィレム=アレクサンダー

現在のオランダの国王は、ウィレム=アレクサンダー(Willem-Alexande)は第7代オランダ国王で、2013年4月30日に国王に即位しました。ライデン大学を卒業し、2002年アルゼンチン出身のマクシマと結婚しています。

国王がアルバイト?KLMのパイロット

何と勤務期間は21年。長い間パイロットとして勤務していました。皇族がアルバイトなんて日本では考えられませんが、オランダらしいエピソードですね。KLMオランダ航空の子会社KLMシティホッパーの路線で副操縦士として21年間勤務していたことを明かしていますが、21年間というと即位後も勤務していたことになりますので、単純に驚きます。

EDMのファン?即位の式典はDJパフォーマンス

パイロットとしての勤務だけではなく、国王即位の式典も規格外でした。国王の即位式典というと厳かに行われる式典のイメージがあるかもしれませんが、オランダ国王の式典ではなんとロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団とEDMのコラボレーション。EDMはエレクトロニック・ダンス・ミュージック(Electronic dance music)の略称で、クラブなどのダンスシーンでかけられる音楽です。

オランダでは、国民的なイベントでもEDMで盛り上がる場面はよく見られ老若男女EDMを愛している風潮を感じていたのですが、まさか国王の即位式典でもEDMとは!驚きました。即位式典でプレイしたのはDJ Armin van Buuren (アーミン・ヴァン・ブーレン)。オランダの人気DJの1人です。国王夫妻がファンなのだとか。こちらは式典の様子の動画です。アーミン・ヴァン・ブーレンと国王はがっちり握手しています。

オランダはEDM大国とも呼ばれており、DJの人気ランキングで、毎年上位のDJの多くがオランダ出身となっています。

関連記事

オランダは海外でも活躍するDJが多い国で、人気DJランキングでも上位常連の国です。オランダではDJ文化が普及していて、子供の将来の夢がDJだったり、国王の式典でもDJパフォーマンがされるなどしています。出身が多いオランダDJの背景と、オラ[…]

国王の誕生日「国王の日」はオランダ国中がオレンジ一色!

オランダでは国王の誕生日はキングスデー(国王の日)と呼ばれ一大イベントの祝日です。ウィレム=アレクサンダー即位後は、4月27日が王の日となり王の誕生日が祝われます。日本でいう天皇誕生日に近い日なのですが、その祝い方は独特で、街中にオレンジ色を身に着けた人があふれ、パーティーさながらの盛り上がりを見せます。

関連記事

オランダにはキングスデー(王の日・国王の日)という祝日が4月27日にあります。キングスデーはオランダ国王の誕生日を祝う日です。街中がオランダのナショナルカラー オレンジ色で染まります! キングスデー(王の日)とは キン[…]

以上、オランダの国王 は、パイロットでEDMファンなんて驚きですね。過去にKLMを利用した人はひょっとしたら国王の操縦している飛行機に乗った人もいるかもしれません。オランダの首相、マークルッテ首相のニュースでも人間らしい姿に驚くことがあったのですが、国王もまた驚きの姿でした。

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。
※掲載している商品は主に楽天市場Amazonのアフィリエイトを利用しています。