オランダを舞台にしたおすすめ小説

オランダを舞台にしたおすすめの小説をまとめて掲載しています。海外作家の作品の他、日本人作家の小説もあります。

日本人作家の小説

主にオランダを舞台にしている、日本人作家の小説です。オランダのお国柄なのかミステリー作品が多いようです。

アムステルダム運河殺人事件 / 松本清張

ミステリーの巨匠、松本清張がオランダのアムステルダムで実際にあった事件を元にした小説。元になったのは、 1965年8月にアムステルダムで起こった日本人商社員バラバラ殺人事件、未解決事件です。小説はオランダ語にも翻訳されオランダでも販売されました。(オランダ語タイトル: De Amsterdamse koffermoord en andere verhalen)

幻想運河 / 有栖川有栖

オランダ・アムステルダムと大阪が舞台となっているミステリー小説です。こちらも、アムステルダムのバラバラ殺人事件を元にした小説だそうです。

奇怪なバラバラ殺人を彩る真紅の薔薇の謎!!
アムステルダムと大阪。2つの水の都に、男と女の夢が妖しく蠢(うごめ)く

実際に、有栖川有栖さんの弟さんがアムステルダムに住んでいたのだとか。ドラッグ描写など生々しいオランダをも描いています。

アスク・ミー・ホワイ / 古市憲寿

オランダの小説は殺人事件モノが多い中、こちらは恋愛小説です。オランダの様子が描かれているのですが、主人公がアムステルダムに住んでいる日本人の男の子ということで、実在するスーパーマーケットの名称や生活の様子、観光名所などアムステルダムに実際に存在する街の様子も描かれている小説です。

アスク・ミー・ホワイのあらすじなど、まとめて掲載しています。

関連記事

古市憲寿さんの小説「アスク・ミー・ホワイ」について、あらすじや主人公、小説の中心になる舞台の場所などを掲載しています。 アスク・ミー・ホワイのあらすじ アスク・ミー・ホワイはオランダ・アムステルダムの日本料理店[…]

古市憲寿の小説「アスク・ミー・ホワイ」

外国文学・海外小説

オランダが舞台、また一部オランダが出てくる小説です。オランダは海外小説もミステリー調の小説が多くあります。オランダ黄金時代や、有名絵画が絡んだ小説はオランダならではといえそうです。

真珠の耳飾りの少女 / トレイシー・シュヴァリエ

映画になった真珠の耳飾りの少女の原作です。フェルメールの生まれ故郷デルフトを舞台に、真珠の耳飾りのモデルになった少女の恋愛小説。長く読まれている、ベストセラー作品です。

珈琲相場師 / デイヴィッド・リス

17世紀のアムステルダムを舞台にした歴史ミステリー小説です。あまり知られていないかもしれないですが、オランダはコーヒーの消費量が多い国です。

黒いチューリップ / アレクサンドル・デュマ

Dumas Alexandre

オランダはチューリップの国として人気ですが、オランダで実際に起きたチューリップ・バブルが元になっている小説です。フランスの小説家アレクサンドル・デュマの作品で、映画化もされています。

オランダ靴の謎 / エラリー・クイーン

Ellery Queen

オランダ記念病院の創設者である大富豪の老婦人が、緊急手術の直前に針金で絞殺された……という アメリカの推理作家エラリー・クイーンのこちらもミステリー小説。

アムステルダム / イアン・マキューアン

原題:Amsterdam / Ian Russell McEwan

物語のほとんどはイギリスが舞台なのですが「アムステルダム」というタイトルがつけられているように、オランダのアムステルダムがタイトルになっているのには意味があるわけです。そういう意味ではオランダが舞台ともいえる小説、という訳でこちらもご紹介します。ブッカー賞受賞作品.

ぼくとテスの秘密の七日間 / アンナウォルツ

Mijn bijzonder rare week met Tess (オランダ語) / Anna Woltz

ロンドン生まれ、オランダのデン・ハーグで育った児童文学作家、アンナウォルツの小説です。 オランダ北部の島「テッセル島」 を舞台にテスと「ぼく」の7日間を描いています。児童文学というカテゴリですが、テッセル島の様子や、オランダの子供の様子が生き生きと描かれており、大人が読んでも楽しい1冊でした。

ぼくとテスの秘密の七日間 は「恐竜が教えてくれたこと」という映画になり、日本でも公開されました。

関連記事

映画「恐竜が教えてくれたこと」について原作や、作者、オランダ語の映画タイトルなど、映画「恐竜が教えてくれたこと」に関する情報を掲載しています。 映画「恐竜が教えてくれたこと」は2019年2月にベルリン国際映画祭 ([…]

https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/064713f7.436b21f9.064713f8.32dab6be/?me_id=1213310&item_id=20060731&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F6104%2F4562474216104_2.jpg%3F_ex%3D400x400&s=400x400&t=pict

小説ではないけどこちらもおすすめ……

アンネの日記 / アンネ フランク

言わずと知れたオランダを舞台しているアンネの日記、オランダ旅行前に読んで、アンネフランクの家へ足を運ぶと、より具体的に当時の様子を感じる事が出来ます。

オランダに関するおすすめの本

オランダの歴史、オランダ人の生活や、働き方、子育てなどオランダに関するおすすめの本がまとまっています。

関連記事

オランダに関する本とおすすめの本を紹介しています。オランダの生活、教育、観光、歴史など色々なオランダを知ることが出来る本があります。 オランダの生活がわかる本 オランダ人といえば「ケチ」なんていう事を聞いたことがありま[…]

オランダのおすすめガイドブック

オランダ旅行に欠かせない、おすすめガイドブックは以下にまとまっています。

関連記事

おすすめのオランダガイドブックを掲載しています。観光ガイドがまとまっているガイドブックは、旅行プランを立てるのにとても便利です。 地球の歩き方 オランダ ベルギー ルクセンブルク ガイドブックといえば地球の歩き方。オ[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。