チーズ博物館

チーズ博物館

Kaas museum

オランダ アルクマールにあるチーズ博物館について掲載しています。

オランダ アルクマールといえば、チーズ市が開催される街ですが、チーズ市会場の近くに、チーズ博物館があります。

チーズはオランダ語でKAAS(カースと読みます)。 チーズ好きはオランダ旅行の際、是非覚えておきたい単語ですね。 ここはチーズ博物館こと「KAAS MUSEUM」です。


チーズ博物館はアルクマールのチーズ計量所の2階と3階にあるため、窓から少しチーズ市の様子が覗けます。すごい人混みです。


学べる博物館

美術館の中には「牛」がありました。こちらのチーズ博物館は、牛乳からチーズが作られている仕組みが学べます。さすがに本物の牛はいませんが、牛の模型があり、このような「スクリーン」を通して学べる仕組みとなっていました。子のようにスクリーンでゲームのように学ぶ仕組みはは、オランダの博物館ではとても多くみかけます。子供はゲーム感覚でタッチするので、自然と覚えてしまうようです。オランダ語ですが、絵で見ながら何となく進めていました。


こちらは小3の子供がかなりはまっていた、チーズを時間以内に出荷するゲーム。

牛→牛乳→工場→チーズを出荷

という流れがゲームを通しながら学べます。

ゲームの言語はオランダ語と英語でした。牛乳が足りなければ牛を増やす、牛乳が多けれ工場を増やすなどし、時間内にたくさんチーズを出荷できるようにします。

子供に「チーズはこうやって作られている」なんて言葉で説明するより、こんな風にゲームやで見えた方が、数倍頭に入るのでしょうね。チーズ市もチーズ博物館もオランダらしい場所で観光がてら勉強まで出来てとても良い場所でした。


博物館はチーズのデザイン

この博物館には、チーズをデザインしたものが多くあります。これは椅子と机。ダッチデザイン、お洒落です。


階段もチーズのデザインです。


部屋の天井に球体のデザインがありました。何だろう、、と上を向いて眺めること数分。チーズがオランダから輸出されている事を表現しているのかな!!?と気づきそのデザインと、そのことを文字でずらずら書くのではなく、デザインで表現するところがすごいなと感心してしまいました。(本当に輸出をデザインしたのかは不明です。私のこのデザインの受け取り方です。)


トイレまでネズミとチーズ!もうチーズ尽くし過ぎて、このチーズ美術館のこだわりに惚れ込んでしまった自分がいました。


チーズのことが分かる博物館

小さな博物館で、アルクマールのチーズ市に来たついでに寄った博物館ですが、「牛」「ゲーム」「デザイン」を通してチーズの事が分かる、とても面白い博物館でした。

オランダはチーズが有名で、色々な所でチーズのお土産が購入できますが、お時間があるかた、合うかたはチーズ博物館もおすすめです。


場所・営業時間など

住所  Waagplein 2, Alkmaar , Nederland

営業時間 10時00分~16時00分
休業日  12月25日、26日、1月1日、4月27日
料金 大人 5ユーロ 子供4歳~12歳 2ユーロ 3歳以下無料
トイレ 有
公式サイト kaasmuseum.nl
ミュージアムカード対象(ミュージアムカードの提示で無料で入れます)



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1021 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!