1月のオランダ観光と服装

1月の観光

雪はあまり降りませんが、オランダの 1月は、日本と比べてかなり寒いです。そのため屋外を歩き回る観光には、あまり適していません。

日本発の航空券は安い季節になります。美術館や博物館なども比較的空いており、ゆっくり鑑賞したい人には人が多い春夏より冬の方が良いのかもしれませんね。

オランダの冬はどんよりひた日が多く、日が差す日が少ないです。また、朝日が昇るのが遅く、日が落ちるのが早いです。特に注意したいのが朝日が昇る遅さで、日本では冬でも日が昇っている朝の7時頃、オランダは真っ暗で真夜中のようです。早朝から徒歩で移動するなどの旅程をたてると、暗い中移動することになるのでご注意ください。

1月の祝日

1月1日

日本の元旦にあたる日は、オランダも祝日です。日本では元旦も開いているお店が多いですが、オランダは1日は閉まるお店がほとんどですのでご注意ください。

1月のイベント 

1月18日 ナショナル・チューリップ・デー(アムステルダム)

関連記事

まだ寒いオランダの1月にチューリップの日こと 「ナショナル・チューリップ・デー(National Tulip Day)」 があり、春を告げるオランダの代表的な花チューリップが無料でチューリップ摘みを体験できるというイベントがオランダ アム[…]

1月22日~2月2日 ロッテルダム映画祭 

オランダの1月の服装

1月になるとだいぶ寒いです。防寒対策は必須です。

暖かいインナーにセーター、ダウンジャケット等真冬用のジャケットが必要です。

1月に持ってくると役に立つかも

ホッカイロ

暖かいブーツ

暖かいインナー

ヒートテックなど、暖かいインナーがおすすめです。寒がりの私は、冬のオランダでは超極暖を愛用しています。

ニット帽

手袋

年間を通してオランダの天気は変わりやすいため、急な雨に備えて折りたたみ傘があると安心です。それか、上着を防水加工のものにして、フードを被るのも得策です。オランダ人は、雨が降ってもあまり傘をささず、フードをかぶって凌いでいる人を良く見かけます。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。