オランダでガレット・デ・ロワ

オランダ(アムステルダム)でガレット・デ・ロワ。ガレット・デ・ロワとは?いつ食べるの?オランダで買える場所は?ガレットデロワの基本情報とオランダでガレットデロについてまとめて掲載しています。

ガレット・デ・ロワとは?

Galette des Rois

ガレット・デ・ロワとは毎年1月6日(または 1 月 1 日後の最初の日曜日) に祝われるキリスト教の祝日、公現祭に食べられるフランスの伝統菓子です。パイ生地の中にはアーモンドクリームなどが入っており、お店や家庭により使用している材料が少し異なることもあります。ガレット・デ・ロワにはフェーブ(Fève)と呼ばれる小さな陶器が隠されています。フェーブとは空豆という意味だそうで、従来は乾燥させたそら豆を使用したそうです。陶器のフェーブはお店により色や形が様々なので、どんなフェーブが入っているかもガレット・デ・ロワの楽しみの一つです。ガレットデロワは王冠と一緒に販売されている事が多くあります。お菓子を切り分けた際、中にフェーブが入っている人が王様!王女様!となり、フェーブが当たった人に王冠をかぶせて楽しめます。

毎年美味しいお店に注文したり、違うお店を試してみたり、お家で焼いてフェーブを入れるのも良いですね。 現在では必ずしも1月6日という日だけでなく、1月中販売しているお店もあり色々な時期にガレットデロワを楽しめるようになっています。※南フランスなどブリオッシュ・デ・ロワを食べる習慣がある地域もあります。

ガレット・デ・ロワはいつ食べる?

ガレット・デ・ロワは伝統的には1月6日に食べるお菓子です。1月6日の公現祭を祝い食べるお菓子になっています。最近では6日以外に食べる人も多く、オランダでも1月中販売されているお店や、日本でも12月から販売しているお店もみかけました。

ガレット・デ・ロワは日本で買える?

ガレット・デ・ロワが日本で買えるお店も増えています。近くで買えない場合はお取り寄せも可能です。冷凍で買うと食べたい時に解凍できて日持ちが心配な場合も便利かもしれません。

ガレット・デ・ロワはオランダで買える?

ガレット・デ・ロワはオランダ語で Driekoningentaartといいます。オランダではガレットデロワを食べる習慣が文化が薄いです。フランスの伝統菓子ですので、オランダ内では販売されている場所が少ないようですが、フレンチパティスリーなどでは販売されているお店もあります。
※確認時に販売されていたお店を掲載しています。毎年販売されているか、また販売されているかは不明確な所もあります。

Holtkamp(アムステルダム)

老舗パティスリー、Holtkampからもガレットデロワが販売されています。公現祭の当日などに販売されていて期間が短いことが多いようです。人気パティスリーで普段から長い列になっている事も珍しくないお店です。パティスリーだけどクロケットも人気のお店なので、ガレットデロワと併せて楽しむプランも良いかもしれませんね!

住所:Vijzelgracht 15, 1017 HM Amsterdam
公式ホームページ:https://www.patisserieholtkamp.nl/nl

関連記事

アムステルダムにあるオランダ王室御用達パティスリーHoltkamp(ホルトカンプ)。ケーキが美味しいのはもちろん、オランダ名物料理のクロケットが美味しい有名なお店に行ってきました。 アムステルダムの老舗パティスリー […]

Le Fournil de Sébastien(アムステルダム・アムステルフェーン)

オランダの美味しいフレンチベーカリーとして、人気のパン屋さんセバスチャン。オランダ在住日本人にも大人気のお店です。例年ガレットデロワを販売!しかも販売期間が長いので、1月6日という本来の公現祭の日程に関わらずガレットデロワを楽しむことが出来そうです。ブリオッシュ・デ・ロワの販売もありました。Le Fournilはオランダに3店舗(アムステルダム、アムステルフェーン、ヒルフェルスム)があります。

アムステルダム店住所: Olympiaplein 119 1077 CW Amsterdam
公式ホームページ:https://lefournil.nl/en/

関連記事

オランダ アムステルダム、アムステルフェーンなどにある美味しいと評判のセバスチャンのパン屋さん「Le Fournil de Sébastien」は行列必須の人気パン屋さんです。場所や行った時の様子をまとめて掲載しています。 […]

Petit Gateau(アムステルダム)

アムステルダム中央駅に近い、プチガトー専門店。一口サイズのプチガトーは、色々な種類を詰め合わせて、手土産にも良さそうなお店Petit Gateauにもガレットデロワ取り扱いがありました。

住所:Haarlemmerstraat 80, 1013 EV Amsterdam
公式ホームページ:https://petitgateau.nl/

Philippe Galerne Patisserie(ハーグ)

美味しいとハーグで人気のPhilippe Galerne Patisserie。パン、ケーキ、エクレアなど色々試したくなる品揃えです。クリスマスケーキも毎年とっても可愛い!ガレットデロワも例年は販売されています。

住所:Aert van der Goesstraat 24, 2582 AK Den Haag
公式ホームページ:https://www.philippegalerne.nl/
インスタグラム:https://www.instagram.com/philippegalernepatisserie/

Boulangerie Michel(ハーグ)

オランダでフランスの味を楽しめると人気のMichel。フレンチベーカリーとしてフランスのような美味しいパンが人気です。時期になると ガレットデロワを販売!こちらも美味しいと評判のようです。ハーグのほかデルフトなどにも店舗があります。

住所:Aert van der Goesstraat 24, 2582 AK Den Haag
住所:Oude Kerkstraat 4, 2611 HT Delft
公式ホームページ:http://www.boulangeriemichel.com/
店舗一覧:http://www.boulangeriemichel.com/?page_id=2265
インスタグラム:https://www.instagram.com/boulangeriemichel/

Smores Patisserie & Chocolaterie(マーストリヒト)

マーストリヒトとメールセンにお店があるフレンチパティスリー。フランスらしい繊細なケーキやリンブルフフラーイなどが販売されており、季節になるとガレットデロワも販売しているようです。

住所:Stationsstraat 56a , 6221 BR, Maastricht
Beekstraat 27, 6231 LE Meerssen
公式ホームページ:https://www.smoresshop.nl/

ここに掲載してる以外でも、フレンチパティスリーやフレンチベーカリーでは販売されている可能性があるかもしれません。お住いの街でお近くのお店にお問い合わせしてみるのもおすすめです!

お隣ベルギーに買いに行った方が早い!?

オランダではフレンチパティスリー、フレンチベーカリーなど限られた場所でしか販売されていないガレット・デ・ロワですが、お隣のベルギーではパティスリーやパン屋さんはもちろん、 季節になるとスーパーマーケットでもガレットデロワが販売されているほど気軽に買う事が出来ます。お店により味も様々、洋ナシ入りやりんご入り、チョコレート入りなど種類も本当に様々です!フランス語圏だけの習慣かと思っていたら、ベルギーのオランダ語圏のスーパーでもガレットデロワが販売されているのを見かけました。オランダの中でもベルギーが近い方はお隣ベルギに行った方が早いかも!?ガレット・デ・ロワの時期に合わせてベルギーまでお買い物に行くのも良い案かもしれませんね。

アムステルダムのパティスリーまとめはこちら。

関連記事

アムステルダムのフレンチパティスリー・ケーキ屋をまとめて掲載しています。ベーカリーのお店でケーキなどを販売しているお店もあります。 オランダのケーキがまずい……オランダの甘いものが苦手……という人におすすめしたいアムステルダムのパティスリ[…]

\【愛用者多数】手数料が安い!円⇔ユーロおすすめ送金サービス/

詳細はこちら



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1423 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!