冬の野外博物館

オランダ アーネムにある野外博物館(英語:Open Air Museum オランダ語: Openluchtmuseum )へ行ってきました。ガイドなどを読むと当然夏がおすすめということで、冬に屋外の博物館なんて絶対寒くてつまらないはず……と思いながら向かったら、冬も面白かったです。感想や冬の野外博物館について掲載しています。

冬の野外博物館の見どころ

野外博物館は、オランダの昔ながらの暮らしや建物が見れる博物館です。アーネムの山の中にあり、坂がないオランダと言われますが、アーネムは坂が多い印象でした。博物館という名前ですが、さながらテーマパークのよう。かなり広いです。そして冬季は、12月から1月の初旬まで期間限定でスケートやソリなどが出来るようになっていました。人気のようで家族連れなど多くの人でにぎわっていました。夏は夏で気持ちの良い観光ができますが、天気の悪い冬の野外博物館も、オランダらしくて楽しかったです。

スケート

オランダですからマイスケート靴の人もいました。そしてみなさんかなりお上手。靴のレンタルは無料でした。途中、雨が降ってきたのですがそれでもスケートするオランダ人に脱帽。時間も無制限で滑り放題です。スケート靴をレンタスる際は「ヨーロッパの靴サイズ」を知っておくと安心です。小さい子用に、小さいスケートリンクもありました。

ソリ

坂の上から滑ります。見た目よりスピードが出て面白いです。こちらも無料。並んでいました。オランダのどんよりした冬の空に、昼からついているライトとカラフルな旗が映えて明るい気持ちになります。年齢、年齢制限など特にありません。係員も特になかったような……自己責任でね、というオランダらしい感じでしょうか。

トラム

トラムに乗ると野外博物館内を1周できます。レトロ感がよい雰囲気でした。途中で降車、乗車可能なので移動にとても便利です。私たちは一度これに乗り、ざーっと園内をみて好きそうな所に行きました。本当は電車を展示しているところや子供向けの公園にも行きたかったんですが、時間と体力不足でした。

焚火

ところどころに焚火がありました。冬の山に焚火、とても雰囲気が合って良い感じでした。少し寒くなったら、焚火で温まることが出来ます。

風車

さながらザーンセスカンスの雰囲気。レトロな風車があります。オランダっぽい観光ができますね。

屋内博物館

The Canon of Dutch history

屋外の博物館だけかと思ったら、屋内の博物館もありました。オランダの歴史が分かる博物館だったのですが、これが面白かったです。子供がかなりはまっていました。教育的内容をゲームのように惹きつけて夢中にさせてしまうオランダの博物館の展示には、いつも脱帽です。

アーネムはドイツに近く、アーネム駅前でいった博物館には、英語、ドイツ語の説明もあったのですが、ここはオランダ語のみというドメスティック感。音声ガイドを持っている人が居たので、ひょっとしたら音声ガイドなら英語、ドイツ語があったのかもしれません。それでもかなりはまってしまい、長い時間ここにいました。

カフェ

外にも何箇所かストロープワッフルや飲み物などのがありました。カフェでもオランダらしい食事が可能です。トースティやサンドイッチ、私はフローニンゲン名物と言われるマスタードスープを頂きました。

マスタードスープという名前ですが辛くはなく、酸味があり体が温まるお味です。マスタードが好きなので、これはハマる味でした。カフェの食器は全部紙。スープのカップまで紙なのは驚きました。

ロッカー

ロッカーもあるので、荷物を預けて回ることができました。特にスケートする場合は、着替えを持って行った方が安心です。ロッカーは1ユーロコインが必要でした。

お土産

アップルタルトやパンネクック、グリューワインなどオランダらしいお土産が買えそうなショップでした。

所要時間

私たちは11時に駅から向かい、15時半頃まで居ました。屋内博物館にはまってしまったこともあるのですが、それでも全部を回れなかったので丸1日いても退屈しない博物館かなと思います。数時間空き時間が出来たから行く博物館というよりは、ここ目当てでくる博物館かなと思います。時間が余ったら、お隣のバーガーズーも行けるかななんて思っていたのですが、全然余りませんでした(笑)

バスで野外博物館への行き方

アーネム中央駅はスキポール空港からIntersityで1本です。そこから3番のバスに乗ると野外博物館につきます。(googleマップでは違うバスをおススメされたので、要注意)3番のバスは、バーガーズーというアーネムの人気動物園と、野外博物館を巡回しているバスです。アーネム駅はバス乗り場が、外のバス乗り場と別れているので少し迷いました。

野外博物館について

営業期間

冬季:2019年12月7日~2020年1月19日

住所

Hoeferlaan 4, 6816 SG Arnhem

公式サイト(オランダ語、英語、ドイツ語)

Nederlands Openluchtmuseum in Arnhem
https://openluchtmuseum.nl/

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。