KLMオランダ航空 成田空港ターミナル

KLMオランダ航空の成田空港ターミナルやラウンジ、搭乗口などについて掲載しています。

KLMオランダ航空

KLMオランダ航空は、オランダのナショナルフラッグです。日本の成田空港からオランダ スキポール空港への直行便を運航している会社は日系の航空会社(JAL、ANA)にはなく、KLMオランダ航空が唯一、成田空港-スキポール空港間の直行便を運航しています。KLM日本発着の便名は「KL」からはじまり、KL●●●などと表記されています。

成田空港 第1ターミナル

KLMオランダ航空が利用するターミナルは、成田空港第1ターミナルです。ANAなど同じ第1ターミナルになりますが、ANAが南ウィングなのに対して、KLMは北ウィングでした。(2020年3月確認時)

同じスカイチームの大韓航空やエールフランス、デルタ航空などと同じ第1ターミナルの北ウィングです。

チェックインカウンター

成田空港第一ターミナルの北ウィングのチェックインカウンターはA~Fまでありました。チェックインカウンターは都度変わりますので、確認ください。

私が成田空港でKLMを利用した際はC、Dのチェックインカウンターあたりでした。

KLMビジネスクラスで利用できるラウンジ

KLMビジネスクラスで利用できるラウンジです。

NARITA premier lounge(成田プレミアムラウンジ)

成田第1ターミナル制限エリア内の北ウィング、第1サテライトにあるラウンジです。KLMはこの、第1サテライト発のフライトになることが多いので、搭乗口にも近くとても便利なラウンジです。

KALラウンジ

大韓航空(その他スカイチーム加盟航空会社)のプレステージクラス(ビジネスクラス)やファーストクラス搭乗時に利用できるラウンジです。KLMはスカイチーム加盟会社ですのでKALラウンジも使用可能です。プライオリティパスを持っている場合も、利用可能なラウンジです。

出発ゲート

KLMやスカイチームの出発便は11~18、 北ウイングでも端っこにある第1サテライトが多いと思います。変更もあるかもしれないので、必ず表示を確認してゲートにむかって下さい。

成田空港でKLM搭乗時の注意

KLMはじめスカイチームの出発ゲート搭乗口は北ウイングでも端っこの第一サテライトにあり、私が出発前に立ち寄る一風堂や、本屋さん、セブンイレブンなどお店が多くある場所とは逆側なのが個人的な難点です。

ラウンジの食事も良いですが、出発前は断然ラーメン派。成田第1ターミナル発の時は一風堂です。白玉にしました。

もし、一風堂などの方向から、 第一サテライト、KLM出発ゲートへ行く場合は、動く歩道を利用すると便利ですよ。

HIDAという木の良い香りがするスペースがありました。飛騨高山「HIDA」の木製家具を使った和風休憩スペースで2020年2月28日にオープンしたようです。

小上がりスペースもあり、良い雰囲気です。ここでゆっくりするのも良いなと思いました。

注意点として、第一サテライト(KLM出発ロビー周辺)で一番近いトイレがここになります。出発ゲートまで行くと、トイレに行きたい場合は結局戻ってこないといけないので、要注意です。

KLMは成田空港から唯一オランダまで直行便で行けるフライトを運航している会社となります。JALやANAのマイレージは貯まりませんが、直行便ですとロストバゲージも少ないですし、乗り継ぎの負担もありません。KLMはたまにキャンペーンなどをやっていて、安い時期もあります。オランダ旅行をする際にはおすすめの飛行機です。

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。
※掲載している商品は主に楽天市場Amazonのアフィリエイトを利用しています。