KLMオランダ航空 スキポール空港ターミナル

KLMオランダ航空のスキポール空港ターミナルやチェックインカウンター、ラウンジ、搭乗口などについて掲載しています。

KLMオランダ航空

KLMオランダ航空は、オランダのナショナルフラッグです。オランダの会社ですが公式の日本語ホームページもあります。日本からオランダ スキポール空港へ直行便を運航している会社は日系の航空会社(JAL、ANA)にフライトはなく、KLMオランダ航空が唯一、成田空港とアムステルダム スキポール空港間、関西国際空港とスキポールの直行便を運航しています。KLMスキポール空港発着の便名は「KL」からはじまり、KL●●●などと表記されています。

スキポール空港ターミナル

第一ターミナル、第二ターミナル、第三ターミナルと分かれている成田空港と異なり、スキポール空港のターミナルは1つです。そのため、スキポール空港内でターミナルに迷う事はありません。鉄道スキポール駅にも直結している便利なターミナルです。

チェックインカウンター

私が利用した際は、KLMオランダ航空のスキポール空港のチェックインカウンターは12~15までありました。スカイプライオリティ用の入り口もこの辺りです。

さすがナショナルフラッグだけあり、アクセスしやすく、大きく「KLM」と書いてあります。エスカレーターを上がった近くの場所にあり、とても分かり易い場所でした。以前、乗り継ぎ便でスキポール空港発成田空港までの飛行機を利用した際は空港の端の方まで歩いてチェックインしなければならなかったのですが、こういった点はやはりナショナルフラッグの方が便利ですね。チェックインカウンターが便利な場所にあることはKLMのホームページに大々的に書いてあるわけではなく、格安チケットとの差が見えづらいですが、こういった便利さもプラスされての価格かと思います。

チェックインは、チェックイン用の機械で行いました。日本語も(ちょっと変な日本語の所もありましたが)ありますので、分かり易いかと思います。問題なく出来ました。分からない場合は、職員の方が多くいましたので、聞けば助けてくれるかと思います。(日本語が出来る方が居るかは分かりません)

KLMの荷物預けは厳しい?自動荷物預け機

私が利用した際は、自動の荷物預け機を利用しました。こちらも日本語がありましたので、問題なく出来ました。成田空港にもあるので、やった事ある人は分かり易いかと思いますが、機械の中にスーツケースを置いて、出てきたラベルを自分でスーツケースに貼り付けます。自動の機械なので、ギリギリの重さの荷物などの場合は厳しいかもしれませんね。控えを受け取るのを忘れずに。

KLMビジネスクラスで利用できるラウンジ

KLMビジネスクラスで利用できるラウンジです。

KLMクラウンラウンジ

非シェンゲン圏クラウンラウンジ、アムステルダム・スキポール空港

オランダから日本に行く場合は非シェンゲン圏用のKLMクラウンラウンジが利用できます。入り口にはビジネスクラスの搭乗で貰える、デルフトハウスが沢山お出迎えです。

関連記事

KLMデルフトブルーハウスは、オランダ航空のビジネスクラス利用で貰えるミニチュアハウスです。 KLMミニチュアハウス、KLMデルフトブルーハウスなど呼ばれ、 ワールドビジネスクラスを利用するとオリジナルギフトとしてもらう事が出来ます 19[…]

KLMの日本行飛行機の搭乗口には少し遠いことが多いラウンジなので、早めに搭乗口に向かった方が良いかもしれません。

出発ゲート

KLMやスカイチームの出発の日本行の便はEゲートの事が多かった記憶がありますが、変更の可能性もあるので都度確認するようしてください。Eゲートは少ない数から始まり、E24ゲートなど数が大きくなるほど奥になり少し歩きますので、早めにゲートに向かった方が安心です。

スキポール空港でKLM搭乗時の注意

スキポール空港内では、ミッフィーのお土産が買えたり、チーズなどのオランダ土産が買えたり、ハイネケンが飲めたり、オランダ料理が食べれてり、美術館あまである……という、出国審査後も色々と見どころがあります。詳細はスキポール空港の出国審査後 制限エリア内で時間つぶしに掲載があります。

関連記事

乗り継ぎ・トランジットなどでスキポール空港を利用する際におすすめの、出国審査後の制限エリア内で時間つぶしできる過ごし方を紹介しています。 出国審査後はスキポール空港内観光で時間つぶし 出国審査後のスキポール空港内にも、[…]

時間つぶしが出来る場所から出発ゲートまでは多少距離がありますので、要注意です。特に先にも書きましたが同じEゲートでもE4ゲートとE19ゲートでは歩く距離が大分異なります。Eの大きい数字の場合は特に気を付けた方が良いかもしれません。

KLMは成田空港から唯一オランダまで直行便で行けるフライトを運航している会社となります。JALやANAのマイレージは貯まりませんが、直行便ですとロストバゲージも少ないですし、乗り継ぎの負担がなく気持ちのゆとりが大分異なります。KLMはたまにキャンペーンなどをやっていて、安い時期もあります。オランダ旅行をする際にはおすすめの飛行機です。

KLMオランダ航空 公式ホームページ

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。
※掲載している商品は主に楽天市場Amazonのアフィリエイトを利用しています。