【コロナ】アムステルダム国立美術館10つの変化

コロナ禍にアムステルダム国立美術館(ライクスミュージアム)へ足を運ぶ機会がありましたので、以前と変わった状況を掲載しておきます。アムステルダム国立美術館の観光を考えている方や現状が気になる方向けです。 (2020年10月、2021年6月、7月時点の情報です。)

アムステルダム国立美術館の営業状況

アムステルダム国立美術館は2020年9月時点で営業しています。
3月からのロックダウンで一時閉鎖となりましたが、その後営業を再開しています。コロナ以前と変わったところや美術館の変化を中心にまとめて掲載しています。

【1】コロナで事前予約が必須に

以前は、アムステルダム国立美術館へは事前の予約なしで入ることが出来ましたが、コロナ後は事前予約が必須となっています。アムステルダム国立美術館にもQRコードが掲げられていました。

レンブラントもQRロゴで要予約をアピール。予約したチケットなしでは美術館の中に入ることができませんので、アムステルダム国立美術館ホームページより予約を忘れずにしてください。チケットの予約については以下のページにまとめて掲載しています。

関連記事

アムステルダム国立美術館 チケットの買い方、購入方法や日時予約の方法についてまとめて掲載しています。2021年コロナで変わったチケット予約の情報も掲載しています。 以前は予約なしで美術館へ行き入場後にチケット売り場でチケットを[…]

【2】マスク着用は義務 ← ルール撤廃

館内に入る時に、チケットを確認されマスクを着用するように言われました。マスクの着用なしでは入場出来ないかと思います。 日本のように任意で着用ではなく、 オランダでは公共の屋内施設でマスク着用が義務付けられており、罰金もありました。 ※2021年6月26日にルールが変わり公共の屋内でのマスク着用義務がなくなりました。

関連記事

オランダでマスク着用が義務化されている場所や場面について掲載しています。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止が目的です。マスクしないと罰金がある場所もあるので、マスクの着用義務には注意が必要です。子供など対象外の年齢につい[…]

【3】入り口のバーコードリーダーでセルフスキャン

事前予約したチケットを持っていくか表示する必要があります。スマホのままでもスキャン可能でした。心配な方は、メールアドレスに届いたチケットを印刷して持っていくと安心です。自分でスキャンする必要があります。入り口には係員の方も居ました。

【4】コインロッカーが無料に

クロークはいつもの通り使える様子でした。また、いつもは50セントかかった記憶があるコインロッカーが2021年6月時点では無料になっていました。人に預けるのが不安な場合はロッカーの使用がおすすめです。ロッカーはトイレの近くにあります。

関連記事

アムステルダム国立美術館にはクロークとロッカーがあります。混雑や注意点などについて掲載しています。 クローク アムステルダム国立美術館のクロークは無料です。リュックサックなどの荷物は美術館には持って入れませんので、荷物を持って[…]

【7】一方通行のルール

美術館全体で、一方通行の表示を見かけました。別日に行ったアムステルダム市立美術館では、1部屋の人数が制限されている表示を見かけたのですが、アムステルダム国立美術館はそういった表示はみかけませんでした。

【8】図書館は人数制限あり

アムステルダム国立美術館の見どころの一つ、美しい図書館です。2020年10月時点ではコロナのためしばらく図書館には入れない様子したが、2021年6月には4人という人数制限があり中に入れるようになっていました。

図書館以外の見どころで紹介している他の作品は、一部屋の人数制限なく見る事ができました。人気なようで図書館に入るための列が出来ていました。

関連記事

名作を多く所蔵するオランダ観光名所、アムステルダム国立美術館。広い美術館なだけに、展示の見どころが沢山あります。 絵画 アムステルダム国立美術館には、沢山の名画が飾られており、有名作品が鑑賞できるのは一番の見どころで[…]

【9】カフェはスマホでQRコードを読み込んで注文

アムステルダム国立美術館内のカフェは、以前は空いている時はチケットが無くても入れたことがありましたが、現在はカフェに入るにも、入り口でチケット確認がありますのでアムステルダム国立美術館の予約がある場合にしか入ることが出来ないようでした。

カフェでのメニュー確認、注文から決済まではテーブルにあるQRコードを読み込んだホームページ上で行いました。アムステルダム国立美術館のフリーWifiを利用できます。食事は近くの台まで運ばれ、そこから自分で持ってくるというウェイターさんやウエイトレスさんと近距離で接しないような工夫がされていました。食べた後もこの台において帰りました。 (2021年6月時点)

【10】お土産は1人1つカゴを持って。レンブラントマスクの販売も

以前はチケットなくお土産だけ買いに入れたことがありましたが、今では予約がある場合にしか建物の中に入れないので、チケットが無い場合にはお土産を買いに行くこともできません。入り口でカゴを持つように言われ、カゴの数でショップ内の人数制限をしているようでした。

コロナの影響でマスクも販売されていました。

人気のエコバッグや、レンブラント、ゴッホなどのグッズ、ミッフィーグッズなど、オランダのお土産におすすめの商品が沢山販売されています。

関連記事

アムステルダム国立美術館のミュージアムショップにはお土産におすすめのグッズなどが沢山販売されています。オランダ観光にもお土産を買う場所としてもおすすめのアムステルダム国立美術館ミュージアムショップのおすすめお土産です。 エコ[…]

ミュージアム広場にあるミュージアムショップはミュージアムの予約なしで入れます。こちらは、アムステルダム国立美術館ほどではありませんが、美術館に関するグッズの取り扱いがあります。

関連記事

オランダ アムステルダムにMuseumplein(ミュージアムプレイン)という、ミュージアム広場があります。この広場の周りには、アムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館、モコ美術館などのミュージアムが集まっており、とても美しい場所です。 […]

空いている

コロナ以前のアムステルダム国立美術館は、混んでいるイメージが強かったのですが、事前予約が必須になったことから入場人数が制限されており、ゆったりと作品を見る事ができました。

名誉の間がこの人数……。贅沢ですね。午前に行ったのですが、徐々に込んできたので、ラッキーだったのかもしれません。

レンブラントの夜警は修復中

2019年よりレンブラントの夜警は修復中です。ガラス張りで名誉の間にあるままの場所で修復作業が行われています。機械で作品全体が見えなかったのですが、2021年7月には見れるようになっていました。ガラスケースの中にあり以前のような展示ではありませんが、AIにより切り取られた部分を再現した展示がされています。

関連記事

アムステルダム国立美術館に展示されるレンブラントの代表作「夜警」が2019年7月より修復期間に入っています。修復作業は名誉の間で公開されたまま行われています。2019年11月と2020年9月、2021年6月、7月の状況を掲載しています。 […]

コロナ禍のアムステルダム国立美術館についてまとめて掲載しました。2020年9月10月、2021年6月、7月の状況なので、随時変更があるかもしれません。

どんな状況下でも作品のすばらしさは変わりませんでした。アムステルダム国立美術館はしっかり見ると、数時間かかってしまう見ごたえの多い美術館です。所要時間に合わせて様々な楽しみ方が出来ます。建物自体もとても美しく、おすすめの美術館の一つです。オランダへ足を運ぶのが難しい場合は、オンライン美術館で楽しむこともできます。

関連記事

オランダの有名美術館をオンラインで無料で楽しもう。ゴッホやレンブラントなどオランダの画家の作品を、バーチャル美術館で家からオンラインで無料で楽しむことが出来ます。 アムステルダム国立美術館(ライクスミュージアム) To[…]

アムステルダム国立美術館のその他の記事



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 884 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!