オランダの5月4日

オランダの5月4日は戦没者追悼記念日( Dodenherdenking)です。オランダにとってはとても大切な日で、この日をオランダで過ごす際には注意点もあります。

戦没者追悼記念日 ( Nationale Dodenherdenking )

戦没者追悼記念日 はオランダ語でNationale Dodenherdenkingといいます。英語でRemembrance Dayです。祝日ではないのですが、オランダにとってとても大切な日です。

オランダの5月4日、この日は第二次世界大戦のオランダの犠牲者、また1961年以降は、すべてのオランダの戦争のすべての犠牲者または第二次世界大戦で殺された人々を含む戦没者追憶する日です。 午後6時から日没まで弔意を表すため半旗が掲げられます。

午後8時に2分間の黙とう

毎年5月4日の午後8時から8時2分まで、戦没者追悼し2分間の黙とうが捧げられます。 トラムや電車など公共の交通機関は運転を停止し、ラジオとテレビは式典のみを放送します。車を運転している人はなるべくこの時間は駐車するようにいわれています。

オランダの戦没者追悼記念日を知らない日本人旅行者やオランダの歴史になじみがない人が黙とうの事を知らなかったり、黙とうしないのは仕方ないと思いますが、この時間だけは大騒ぎや大笑いなどしないよう注意をしてください。なるべく静かに過ごすことをおすすめします。

例えば日本では3月11日午後2時46分に東日本大震災の被災者へ黙とうが行われます。もちろんしない人も居ると思いますが、この時間に大笑いしている外国人が居たら被災者はどう思うのか、立場を変えて考えるとこの時間の大切さが分かるかもしれません。

営業時間の短縮

戦没者追悼のため、 公共の場所では午後7時45分から午後8時15分までの間、パーティー、音楽、アクティビティを避けます。またオランダのお店はオランダの営業時間法により 、特定の許可がある場合を除き、 5月4日は午後7時に閉店するよう定められています。

オランダ政府ホームページ:

https://www.rijksoverheid.nl/onderwerpen/ondernemen-en-innovatie/vraag-en-antwoord/wat-zijn-de-openingstijden-voor-winkels-op-doordeweekse-dagen-en-op-zaterdag

戦没者慰霊塔

アムステルダムのダム広場向かい側、デパートBijenkorf近くに戦没者慰霊塔があります。建築家JJP Oudによって 1956年5月4日に設計された、第二次世界大戦の記念碑です。 戦没者追悼記念日には花がそなえられます。

ダム広場には王宮などの観光し施設もあり、アムステルダム中央駅からも近く足を運びやすい場所です。今はすっかり平和でこれが戦没者記念碑だと言われなければわからないほど平和な雰囲気で、この記念碑も待ち合わせ場所や、休憩場所として親しまれていますが、過去の歴史を知ると、また違ったものに感じられるかもしれません。

戦没者慰霊塔 の場所

Dam, 1012 JL Amsterdam

5月5日は解放記念日

5月4日に続き、5月5日は解放記念日  (Bevrijdingsdag) です。毎年記念日は祝われますが、公の祝日となるのは5年ごとという珍しい祝日です。

関連記事

オランダの終戦記念日について掲載しています。日本の終戦記念日とは異なり5月5日を解放記念日としています。前日の5月4日は追悼の日とし、半旗が掲げられ、黙とうが捧げられます。 オランダの終戦記念日 5月5日 日本の[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。

オランダ情報をチェック!