フェルメール作品を所蔵する日本の美術館はある?

フェルメールの作品、絵画を所蔵する日本の美術館はあるのでしょうか。フェルメールの作品を日本で一目見たい方向けの情報をまとめて掲載しています。

日本にフェルメール作品を所蔵する美術館はない

日本でも人気が高い画家のひとり、ヨハネス・フェルメール。日本にはフェルメール作品を所蔵する美術館はありません。フェルメールは残した作品が少ないと言われている画家の1人で、現存する作品は全部で35作品、真偽が疑わrている作品も含めると37作品といわれています。 各国の美術館やコレクションとして所蔵されており、

  • オランダの美術館に7作品
  • ドイツの美術館に7作品
  • アメリカの美術館などに11作品
  • イギリスの美術館に4作品

となっており、その他、フランスやアイルランド、ウィーンなどの美術館に計34作品所蔵されています。日本の美術館には所蔵されているフェルメール作品はありません。

関連記事

オランダの画家、ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)35作品一覧と所蔵美術館をまとめて掲載しています。 フェルメールの作品は全部で35作品 フェルメールはオランダ黄金時代を代表する画家です[…]

フェルメール展

日本の美術館でフェルメール作品を所蔵している美術館はありません。(2022年確認時)ですが、日本でもフェルメール作品が見れる、フェルメール展が開催される期間があります。

2022年には フェルメールの作品「窓辺で手紙を読む女」が修復された後、所蔵するドレスデン美術館以外で世界初公開となるフェルメール展が日本で開催されています。

関連記事

2022年に日本で開催される、フェルメール展についてまとめて掲載しています。東京都美術館、北海道立近代美術館 、大阪市立美術館での巡回展開催が予定されています。 ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ[…]

2022年フェルメール展まとめ

日本には作品所蔵美術館はないものの、人気の高い画家であるフェルメール作品は「フェルメール展」として定期的に作品の展示が行われているので、フェルメール展へ足を運ぶことで、日本でもフェルメール作品を見る事が出来ます。

フェルメールには門外不出作品も

ただし、貴重なフェルメール作品は門外不出となっており、所蔵美術館まで行かないと見れないという作品もあります。例えば、デルフトの眺望。

フェルメール作品の中でも珍しい風景画である「デルフトの眺望」は、オランダのマウリッツハウス美術館に所蔵されています。この作品は門外不出作品をいわれており、マウリッツハウス美術館まで行かないと見る事が出来ません。

また、 アメリカにあるフリック・コレクションには3作品が所蔵されていますが「自分の購入した全芸術品は門外不出」という遺言を残しており、所蔵している作品も門外不出作品となっています。

人気の高い作品「真珠の耳飾りの少女」は来日したことがありますが、今後は貸出しない方針発表され、門外不出作品となる可能性が高いです。

関連記事

フェルメールの名画、「真珠の耳飾りの少女」はオランダのマウリッツハウス美術館所蔵作品です。フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』はもう日本に来ないのでしょうか。 フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』は日本に来たことがある? […]

オランダのフェルメール作品所蔵美術館

オランダでフェルメールの作品を見れる美術館をまとめました。フェルメールの作品は少なく、35作ほどしか現存していないと言われています。そのうち人気作品を含む合計7点の作品をオランダの2つの美術館でまとめて見ることができます。

関連記事

オランダでフェルメールの作品を見れる美術館をまとめました。フェルメールの作品は少なく、35作ほどしか現存していないと言われています。そのうち人気作品を含む合計7点の作品をオランダの2つの美術館でまとめて見ることができます。 […]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1285 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!