オランダ2回目のロックダウン(パーシャルロックダウン)

オランダは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第二派ともいわれる増加により、2020年10月14日より2回目のロックダウンを行うこととなりました。今回は、パーシャルロックダウン(部分的ロックダウン)といわれています。オランダの2度目のロックダウンについてまとめて掲載しています。

10月14日からパーシャルロックダウン

10月13日の夜(午後7時)にオランダ ルッテ首相の会見があり、14日午後10時から再度ロックダウンが行われることが発表されました。 ルッテ首相は会見でこのロックダウンについて、「gedeeltelijke lockdown」という言葉使いました。英語にすると 「 partial lockdown (パーシャルロックダウン)」つまり、部分的ロックダウンです。

全面的にロックダウンするのではなく、一部のロックダウンという事のようです。オランダの2回目のロックダウンでは、 飲食店の閉鎖、イベントの禁止や、アルコール飲料の販売についてなどがルール化されています。

以下、在オランダ日本国大使館 による、部分的ロックダウンの日本語訳の内容です。

(1)集団形成
〇自宅において、1日あたり最大3名の来訪。
〇人々が着席する屋内施設において、最大数は30名。
〇屋内(自宅を除く。)及び屋外における集団形成は、異なる世帯から最大4名まで。
〇家族には、集団形成の最大数はない。


(2)日常生活
〇他に選択肢がない限り、自宅勤務。
〇13歳から、公共の屋内施設及び公共交通機関においてマスクを
着用(注:記者会見では、当面は、緊急勧告とされるが、屋内施設
でのマスク着用に係る法的根拠が準備され次第、義務化が導入される旨述べられました。)。
〇中・高等学校(VO)、中等職業教育(MBO)及び高等教育(
高等職業教育(HBO)及び大学)では、全員が、教室外でマスクを着用。
〇全ての飲食施設を閉鎖。店舗での受け取りは、引き続き可能。例
外には、ホテル(宿泊客向け)、葬儀施設、セキュリティチェック後の空港が該当する。
〇複合施設では、飲食機能を有する場所を閉鎖する。
〇小売店は、遅くとも午後8時に閉鎖する。ショッピングイブニングは、行われない。
〇スーパーマーケットは、その後も、営業することができる。
〇アルコール類やソフトドラッグは、午後8時から午前7時まで、
販売、又は、配達されない。
〇午後8時から午前7時まで、公共のスペースで、飲酒やソフトドラッグの使用は禁止する。
〇イベントは禁止される。例外には、市場、展示会・会議、映画館・劇場、試合、パブリックイベント法に規定されるデモ、集会、会合。
〇小売業界においては、同業界で定められた規則の一層の遵守に係る合意がなされる。過度に混雑する場合、又は、基本的なルールが遵守されない場合、当該場所(の一部)が閉鎖され得る。取締りが強化される。
〇いわゆる、人の出入りのある場所(モニュメント、図書館、博物館等)では、小売店及びスーパーマーケットを除き、来館は、時間ごとの予約により行われなければならない。


(3)スポーツは、限定した範囲でのみ可能となる。
〇18歳以上の者は、個人又は4名以下のチームで、1.5メートルの距離を保つ場合にのみ、スポーツをすることができる。試合は禁止される。
〇例外には、Papendal等の指定された場所において(トレーニングする)、トップアスリートとしてのステータスを持つ者。
〇1部及び2部リーグの(「チーム」のスタッフを含む。)サッカー選手。
〇18歳までの子供(チームスポーツや自身のクラブ内での対抗戦は可能。)。
〇スポーツ施設に付帯する飲食施設に加え、シャワー、更衣室は閉鎖。


(4)旅行
〇可能な限り旅行を減らす。
〇可能な限り旅行先で滞在する。
〇移動の回数を減らし、混雑を避ける。
〇海外旅行には以下を適用する:オランダ外務省の渡航勧告を注視。

在オランダ日本国大使館Eメール より引用

オランダ感染者 コロナ第二派で急増

オランダの感染者数は、ここ最近急増していました。コロナ第二派といわれているヨーロッパの中でも特に目立つ増加という印象です。

関連記事

新型コロナウィルス感染症 (COVID-19) はオランダやヨーロッパでどのように広がっているか、オランダの最新の感染者数は何人か、感染者数の推移はどうなっているか、渡航規制は出ているのかなど、オランダと近隣ヨーロッパのコロナ情報や状況[…]

一度目のロックダウンが解除されたオランダでは、アムステルダム国立美術館などの観光施設もコロナ対策をしながら再開が行われていました。

関連記事

コロナ禍にアムステルダム国立美術館(ライクスミュージアム)へ足を運ぶ機会がありましたので、状況を掲載しておきます。アムステルダム国立美術館の観光を考えている方や現状か気になる方向けです。 (2020年9月時点の情報です。) […]

シェンゲン協定で、ヨーロッパ周遊が自由にできていましたがコロナ禍では隔離が必要となる、陰性証明が必要となるなど移動の制限も出てきています。

関連記事

シェンゲン協定では、シェンゲン協定加盟国のヨーロッパ周遊がしやすい状況でしたが、新型コロナウィルスの影響により事情が変わっています。コロナ禍にシェンゲン協定国内の移動を考えている場合は注意が必要です。 シェンゲン協定とは […]

マスク着用義務化の方向も発表

根拠が薄いということで、公共交通機関など特定の場所以外で、マスク着用義務を避けてきたオランダですが13日の会見では、マスク着用義務の方向性も発表がありました。この時点では勧告のようですが、法的根拠が固まり次第オランダでもマスク着用が義務化される方向となります。

これまでは、公共交通機関の利用の際の義務化でした。マスク着用義務違反には、罰金もあり公共交通機関を利用できない場合もでてきていましたが本格的に全土でのマスク着用が始まりそうです。

関連記事

オランダでマスク着用義務があるとされている場所や場面について掲載しています。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止が目的です。マスクしないと罰金がある場所もあるので、マスクの着用義務には注意が必要です。子供など対象外の年齢に[…]

残念ながら、マスク着用を促された者によりバスの運転手が怪我を負わされるなどの事件もありました。マスク反対というインフルエンサーが出きたり、デモが行われたり、長引く新型コロナウィルスの影響下でオランダでもマスクを巡るトラブルを目にする事が来ていました。日本でもマスク着用を巡る事件は耳にしますが、義務化によりオランダでもこういったトラブル増加への懸念はぬぐえません。こういった背景もあり、義務化が避けられていたのかもしれませんが、今回の会見では義務化の方向性が明言されています。

日本からの入国制限はなし

今回の発表では、日本からの入国制限に関する発表はありませんでした。この時点では入国許可されていますが、今後はまた制限される可能性もあるのか心配が募ります。

関連記事

日本からオランダの入国について制限と解除・緩和についてまとめています。新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で 2020年3月より日本からオランダへの入国に制限が行われましたが、7月から制限が緩和され入国が可能になっています。制限解[…]

10月13日にはサッカー日本代表の試合が終わったばかりでした。

関連記事

サッカー日本代表の2020年10月オランダ遠征について、試合日程、試合場所となるユトレヒトのスタジアム、テレビ放送予定時間、招集メンバーなどを掲載しています。 試合日程 10月9日 カメルーン代表戦(日本時間21:00[…]

オランダの1度目のロックダウン「インテリジェントロックダウン」について

1度目に行われたロックダウンでは、欧州各国の厳しいコロナ対策のロックダウンに対して、オランダのロックダウンは、外出しただけで罰金となったり、許可が必要などのロックダウンではなく、自主性を重んじるようなロックダウンでした。 オランダのルッテ首相は会見でこのロックダウンについて、「intelligent lockdown(インテリジェント・ロックダウン)」という言葉使いました。オランダは一定のルールは設けるが、完全なロックダウンはしないという方法 です。

関連記事

海外の新型コロナウィルス対策政策「ロックダウン(都市封鎖)」のうち、オランダが取っているコロナ対策、インテリジェント・ロックダウンについて掲載しています。 欧州はロックダウン(都市封鎖)が主流 新型コロナウィルスの対策[…]

その後解除されていました。

オランダがどのように段階的なロックダウン解除を進めようかとしているか、発表されているスケジュールを オランダのロックダウン解除 に掲載しています。

関連記事

オランダのロックダウン解除について掲載しています。4月末に発表があり、9月まで段階的にロックダウンを解除していくスケジュールが発表されています。ロックダウン解除はいつからかの詳しいスケジュールやルール、解除の予定について掲載しています。 […]

オランダのコロナ政策や対策などの時系列でのまとめをオランダのコロナ対策・情報時系列まとめに掲載しています。

関連記事

オランダの新型コロナウィルス関連ニュースや、情報、コロナ対策、感染者数など時系列のまとめです。 オランダの新型コロナウィルス関連情報やニュースを時系列で オランダがどんな新型コロナウイルス対策をとっているのか、取ったの[…]

新型コロナウィルス関連の記事




※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。